体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フロントガラス一面に富士山が広がる、絶景の道路

フロントガラス一面に富士山が広がる、絶景の道路
J-WAVEで放送中の番組「TOYOTA DRIVE IN JAPAN」(ナビゲーター:山口智充・浦浜アリサ)。2月は東京を出発して、富士山へのドライブを楽しみます。

2日2日(金)のオンエアでは、東京・港区の六本木ヒルズから、首都高速道路、東名高速道路を経由して、裾野インターチェンジへ到着。そのあと「富士サファリパーク」を目指しました。

カーナビでは「県道24号線」を使うルートが表示されますが、その県道から少し外れたところに「富士山すそのパノラマロード」があります。富士山に向かってまっすぐに伸びる道で、車のフロントガラス一面に富士山が現れます! 春には菜の花や桜、秋にはコスモスがロードサイドを埋め尽くすように咲きます。

絶景に感動しながら、ついに「富士サファリパーク」に到着。ゲートで料金を支払い、そのまま車で入ります。パーク内は、肉食動物や草食動物によってゾーンが分かれています。浦浜はサファリパークに行くのが初めてだったため、テンションが最高潮に!

まずは「クマゾーン」に突入。外に出ているクマだけで15頭ほどもいました。浦浜は「近い! え! え! めっちゃ、たくさんいる!」と興奮。クマは3種類で、テディベアやクマのプーさんのモデルになった「アメリカグマ」もいました。

自家用車ではなく、全面金網張りの「スーパージャングルバス」でパーク内を回ることも可能。トラが車体に乗ってきて、人を見下ろすこともあるそう……!

番組のサイトには、今回のドライブマップが掲載。フェイスブックとインスタグラムでは、ドライブの様子を収めた写真が公開中です。ぜひ、チェックしてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「TOYOTA DRIVE IN JAPAN」
放送日時:金曜 16時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/driveinjapan/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。