体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思わず戦慄…元暴走族総長の芸人・佐田正樹が語る「怖〜い先輩」

思わず戦慄…元暴走族総長の芸人・佐田正樹が語る「怖〜い先輩」
J-WAVEで毎週金曜に放送中の番組「AVALON」。豪華ナビゲーター陣が週替わりでお届け中です。2月2日(金)のオンエアは、KenKenが登場! そしてゲストに、新日本プロレスのレスラー、獣神サンダー・ライガーさんと、元暴走族総長のお笑い芸人・佐田正樹さん(バッドボーイズ)を招いて、厳しい先輩、怖すぎる部活の顧問など、「鬼から学ぶ人生論」をテーマにお届けしました。

まず、怖い先輩との驚愕エピソードを持つ佐田さんが、若いころに出会った鬼について話しました。

「僕が17歳くらいのとき、4歳上のチハラ先輩というめちゃくちゃ怖い先輩がいたんです。(中略)その先輩は、兄とケンカするたびに『家出するから金を集めてこい』って命令してきて(笑)。でも、当時僕たちはお金がなかったから、友達に『チハラ先輩が言ってるから』って言って、100円ずつカンパしてもらってました」(佐田さん)

佐田さんが集めたお金で、先輩はカップラーメンをおごってくれたそう。ただし、佐田さんは「それ、俺が集めた金やろ!」と心の中で思っていたとか(笑)。この先輩から「自分がされてイヤなことは、下の世代にやっちゃダメだな」と教訓を得たのだと話しました。

ライガーさんは、怖かったレスラーとして「関節技の鬼」と呼ばれた藤原喜明さんを挙げました。

新日本プロレスに入門して1カ月くらい経ったころ、ライガーさんは藤原さんに「ボクシングをやろう」と言われたそうで……。

「ボクシング経験がなかったから、全く敵わなくて。何度もダウンして、立ち上がって。2ラウンドしたあと、藤原さんに『ありがとうございました!』って頭を下げたら、藤原さんが僕の後頭部をボコッて殴ってきたんです」

突然殴られたライガーさんはつい「てめえ!」と、藤原さんに向かっていったそう。でも、返り討ちにあい「逆にやり返されました(笑)」とそのときを振り返りました。

鬼たちの怖すぎるエピソードに、スタジオは震え上がったり爆笑したり、大盛り上がりでした。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:毎週金曜 20時−22時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy