体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46・齋藤飛鳥「『anan』の撮影は写真集より肌色が多くてドキドキ」

乃木坂46・齋藤飛鳥「『anan』の撮影は写真集より肌色が多くてドキドキ」
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が英語初心者である乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。2月3日(土)のオンエアでは、齋藤が表紙をかざった雑誌『anan』の話題から。

ハリーが「素敵だった。新しいページをめくったんじゃないかと。とにかくオシャレ!」と齋藤に感想を伝えると「私につとまるのかな、と思ってたんですけど。(中略)写真集よりも肌色が多かったのでドキドキです」と振り返りました。

さて、オンエアではリスナーの質問に答えました。

「番組で紹介された『キングスマン:ゴールデン・サークル』を観てきて、最高に面白かったです。いい曲を聴いたときに『Tune!』というように、いい映画を観たときの興奮を伝えるフレーズはなんですか?」という質問。

これにハリーは、「That was a fantastic film.」(あれは素晴らしい映画だった)でもいいけれど、「That was AAAAA film!!!」で、「a」を大げさに強調して発音することで、「あれは映画であった」という表現が「めちゃめちゃいい映画だった」と表現するフレーズに変わるのだと解説しました。ハリー曰く「これは究極のスラングなので、ネイティブスピーカーにしか伝わらないかも」とのことでした。

ハリーが齋藤に「最近楽しかったことは?」と訊くと「1月末にポール・ウェラーのライブに行きまして。それはすごく楽しかったですね」と返ってきたので、応用で「That was a gig.」(あれは素晴らしいライブでした)というフレーズを伝授。「a/an」(エイもしくはアン)を強調することで、素晴らしさを表現する方法。機会があったらぜひ使ってみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。