体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピックアップ天国を象徴する、デトロイトモーターショー2018

▲2018年1月14日から28日にかけて、アメリカのミシガン州デトロイトのコボセンターで開催されていた、デトロイトモーターショーの模様をお届けする。今回は地元、アメリカ勢が発表した注目のモデルを紹介

▲2018年1月14日から28日にかけて、アメリカのミシガン州デトロイトのコボセンターで開催されていた、デトロイトモーターショーの模様をお届けする。今回は地元、アメリカ勢が発表した注目のモデルを紹介

ピックアップ天国、アメリカの面目躍如

ここのところ、コンパクトカーなど、あまりアメリカンブランドらしくないモデルの発表が相次いでいた。ここデトロイトでは、いずれのブランドも新型ピックアップトラックの発表を目玉に掲げてきた。

ただ、先代ラムトラックデビューのときのプレスカンファレンスでは、会場前の道路を封鎖して、数百頭の牛とともに車両が行進するという度肝を抜く演出があったが、今回はいずれのブランドも粛々と発表していたのは残念だった。

▲デトロイトモーターショーのプレスデーが始まる前の1月13日にワールドデビューしたのが、シボレーのシルバラードピックアップ。気筒休止機構を採用した6.2L V8と、新たな5.3L V8の他、新開発の3L直6ディーゼルターボも設定された

▲デトロイトモーターショーのプレスデーが始まる前の1月13日にワールドデビューしたのが、シボレーのシルバラードピックアップ。気筒休止機構を採用した6.2L V8と、新たな5.3L V8の他、新開発の3L直6ディーゼルターボも設定された

▲シボレー タホに追加された、RSTエディション。LTをベースとしてプレミアムモデルで、搭載される6.2L V8は420psを発生。サスペンションの減衰力が可変するマグネティックライドコントロールも採用されている。内装トリムなどもより上質な素材が用いられる

▲シボレー タホに追加された、RSTエディション。LTをベースとしてプレミアムモデルで、搭載される6.2L V8は420psを発生。サスペンションの減衰力が可変するマグネティック ライド コントロールも採用されている。内装トリムなどもより上質な素材が用いられる

▲初代のデビューから50周年を祝って、ミニカーブランド、HOT WHEELが設定したミニカーを原寸で再現したのが、このカマロ HOT WHEELエディションだ。20インチアルミや記念バッジなど特別装備が採用され、2018年春に発売予定

▲初代のデビューから50周年を祝って、ミニカーブランド、HOT WHEELが設定したミニカーを原寸で再現したのが、このカマロ HOT WHEELエディションだ。20インチアルミや記念バッジなど特別装備が採用され、2018年春に発売予定

▲キャデラックブースの中心にあるターンテーブルに展示されていた、キャデラック CTS-Vグレイシアメタリックエディション。キャデラック115年の歴史にちなんだ115台限定のモデルで、アメリカ国内のみでの販売となる

▲キャデラックブースの中心にあるターンテーブルに展示されていた、キャデラック CTS-Vグレイシアメタリックエディション。キャデラック115年の歴史にちなんだ115台限定のモデルで、アメリカ国内のみでの販売となる

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。