体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリンピックニュースに革命!?ニューヨークタイムスがARによる報道を発表

“ポケモンGO!”の登場で、その存在を世間に知らしめたAR(拡張現実)。近年はゲームのみならず、学習アプリや企業のプロモーションなど、さまざまな場面で活用されている。

そんな中、ユニークな試みを発表したのが、かのニューヨーク・タイムス。来週に迫ったピョンチャンオリンピックを、ARで報道しようというものだ。

・4回転ジャンプを間近で

ARの特長は、現実世界で人が感知できる情報に、別の情報を加えることで、拡張表現できるところ。そこが空想世界を作り上げるVRとは、大きく異なる。いろいろな考え方があるが、日常生活に密接したサービスを提供するなら、ARのほうが断然有利だろう。その点、日々の情報を市民に届ける新聞はぴったりだ。

オリンピック開催にあたってニューヨーク・タイムズが実践するのは、より立体的な報道だという。迫力ある映像体験を提供することで、平面では得られない感動と興奮を与えよう、というのが今回の狙いだ。例えば、フィギュアスケート。4回転ジャンプで宙に上がった瞬間を、自宅のリビングルームで間近に見ることができる。

・まずは試験映像を体験

同社では本格的なAR報道を前に、まず試験的な映像を配信するという。素材は、ニューヨーク・タイムズ伝統の新聞販売ボックス。かつて1万3000か所に設置されていたボックスも、今はわずか30。試験映像では、この“名誉の箱”を、スマートフォンアプリを介して、じっくり観察できるようになっている。対応機種は、iPhone SE、iPhone 6S以降、第5世代のiPadまたはiPad Pro。“ニューヨーク・タイムスアプリ”の最新バージョンをダウンロードするだけで、誰でも簡単に見ることができる。

かつて情報メディアの頂点を極めた新聞も、今はインターネットに押され気味。ARの導入によって、新たな輝きを得られるか、注目したいところだ。

souce by NY Times.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy