体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

前代未聞のコラボ企画「ラジオ×舞台」リスナーから出演者募集も?

前代未聞のコラボ企画「ラジオ×舞台」リスナーから出演者募集も?
J-WAVEの新番組「JUMP OVER」(ナビゲーター:松居大悟)。J-WAVEの開局30周年と、松居が主宰する劇団「ゴジゲン」の旗揚げ10周年のコラボ企画として、スタートしたこの番組。

2019年2月に下北沢・本多劇場で上演される、現段階でほぼ白紙の新作舞台を、リスナーと共に作り上げていくことをコンセプトにしており、「唯一イメージしているのは『ラジオリスナーを主人公にした物語』ということだけ」と、番組について松居が解説しました。

「リスナーさんと一緒に作るってどういうことなのか? ということなんですが、台本作りのヒントになるようなエピソードをリスナーのみなさんから送ってもらったりとか、台本作りに迷ってるときに相談したりとか、直接話しを聞きに行ったりとか。出演者のことだったり、音楽だったりも相談に乗ってほしいんですよね」(松居)

さらに出演者オーディションも番組でおこなうそう。リスナーさんに松居から「出てほしい!」という依頼があるかもしれないということなので、舞台に興味のある方にとっては聴き逃せない内容になっています。

ということで、第1回目のメッセージテーマは「この放送をどこで、どういう風に聴いていますか?」です。リスナーからは、「電車の中」「自宅で書き物をしながら」「タクシードライバーなので車内から」「大学受験のための塾帰り」など、さまざまなシチュエーションが送られてきました。台本を書く上で参考になったのでしょうか?

「このテーマでしゃべったのは、生態を探りたいなという。みなさんがどういう風に過ごしてるのか、っていうのを知りたかったので。特に金曜の夜ですからね。(今日の放送で)距離が近づいた気がします」(松居)

さて、次回は「あったらいいな こんなコーナー」をテーマにお送りします。ぜひメッセージを送ってみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「JUMP OVER」
放送日時:毎週金曜 23時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/jumpover/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy