体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

板野友美 LAで健康的な美ボディ披露!“自然体な私が映像の中に収まっている”新曲MV

板野友美 LAで健康的な美ボディ披露!“自然体な私が映像の中に収まっている”新曲MV

 2018年2月28日にシングルリリースとなる、板野友美の新曲「Just as I am」のミュージックビデオが公開された(https://youtu.be/yiaALlMpUJY)。

板野友美「Just as I am」MV

 アコースティックな質感溢れる壮大なバラード曲で、自身が作詞を手掛けた今作のタイトル「Just as I am」には“自分らしさ”という意味が込められた。歌詞には“失うことではじめて気付けた事があるよ 遠回りしたから優しくなれたんだね”など、これまで語らなかった自身の心の内が刻まれている。

 MV撮影の舞台は、自身もお気に入りの場所だと言うアメリカ・ロサンゼルス。レトロなダイナーやルート66など、映画のワンシーンのようなロサンゼルスを象徴するロケーション、見渡す限りの荒野や水面煌めく海岸といった大自然で、ナチュラルメイクにワンピースやジーンズなどのシンプルな衣装に身を包みのびのびと歌い上げているほか、健康的な美ボディも披露している。

 監督は、板野では“おねだりダンス”で話題になった「OMG」のほか、AAA、三浦大知などのダンス系アーティストから、植村花菜「トイレの神様」など、幅広いジャンルの作品を手掛けてきた実力派・tatsuakiが担当した。

 なお、今作は2月19日発売の写真集『Wanderer』と楽曲が連動したプロジェクトになっている。これらの作品は「自分らしさ」というコンセプトを共有しており、写真集とシングルのジャケット写真、ミュージックビデオはアメリカ・ロサンゼルスにて同じロケーションで撮影された。2月10日にはシングル発売記念イベントがららぽーと豊洲で行われる。

◎板野友美-コメント(映像制作(MV制作)へ込めた思い)
写真集撮影との平行でハードなスケジュールの中でしたが、
大好きなロスの空の下、開放的で、広大な大自然の中、
太陽の光が強くてパワーをもらえ、とても気持ちがよく撮影ができました。
そのような中で撮影ができたこともあり、自然体な私が映像の中に収まっていると思います。

今回は写真集と楽曲の制作連動ということで、
写真、楽曲、映像と、多角的に表現することに挑戦させていただきましたが、
MVは、その中でも、楽曲と映像がワンセットで体感いただくことができます。
自分で書いた歌詞の世界観を、自分自身で映像表現することで、
より一層、メッセージ性が出せたのではないかと思います。
映像の中では、自然体な私も存在していますが、
楽曲のテーマが「自分らしさを追い求める旅」ですので、
実際に自分探しの旅をしている気持ちで演じた私との二面性にもご注目いただきたいです。
そうすることで、今の自分自身と真っ向から向き合えたように思います。

「自分らしさ」を意味する楽曲タイトル『Just as I am』。
その歌詞は「今の自分を超え、更なる高みを目指す自分になる」というポジティブな気持ちで書きました。
一番思いを込めた歌詞は、“失うことではじめて気付けた事があるよ”、
“遠回りしたから優しくなれたんだね”という強いメッセージ。
10代や20代前半だったら気付けなかったこともあります。今だから書ける歌詞だと思います。
それは綺麗ごとでなく、私の本心が詰まっています。
いつも夢があって、ワクワクドキドキを追いかけて行きたい。
夢を持つだけでなく叶えるために努力し、自分自身と闘いながら全力で自身の人生を走っていきたいです。

◎リリース情報
シングル『Just as I am』
2018/2/28 RELEASE
<初回限定盤(CD+DVD)>
KICM-91837 1,667円(tax out.)
<通常盤(CD)>
KICM-1837 1,111円(tax out.)

◎出版情報
板野友美 4th写真集『Wanderer』
2018/02/19 PUBLISH
2,700円(tax out.)

◎イベント情報
写真集発売記念イベント
2月24日(土)東京・HMV&BOOKS SHIBUYA
(1)12:30(2)15:30
2月25日(日)大阪・紀伊國屋書店グランフロント大阪店
(1)10:30(2)13:30
※イベント情報詳細は各書店サイトをご確認ください。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】AKB48『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』が総合アルバム首位 WANIMAとユニゾンが続く
板野友美、写真集×楽曲の連動プロジェクト、アートワークが公開
AKB48、リクエストアワー2018開催 1位はNGT48「世界はどこまで青空なのか?」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。