体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡の銘菓「筑紫もち」がランチパックに 求肥と黄な粉クリーム、黒蜜をパンにサンド

福岡の銘菓「筑紫もち」がランチパックに 求肥と黄な粉クリーム、黒蜜をパンにサンド

 福岡県の銘菓、如水庵(じょすいあん)の「筑紫もち」が、山崎製パン株式会社「ランチパック」とコラボして、九州限定で「ランチパック 筑紫もち風」(税込165円)として1月30日に発売されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 如水庵の「筑紫もち」は発売から40年たつ福岡を代表する和菓子。筑紫平野のヒヨク米をこだわりの水で練り上げた餅に、国内で0.5%しかとれない希少な大豆(タマホマレ)を使った香ばしい黄な粉が塗され、好みで黒蜜をかけて食べる和菓子です。年間1,200万個以上販売され、「第24回全国菓子大博覧会 最高位 名誉総裁賞」を受賞。「モンドセレクション最高金賞」は9回受賞しています。

 その「筑紫もち」は、今回のランチパック化で、求肥と黄な粉クリーム、黒蜜をパンにサンド。「筑紫もち」の美味しさ再現に挑んでいるそうです。
 また、見た目もわかりやすいようにパッケージのデザインは「筑紫もち」の箱と同じ“博多絞り”の模様が採用されています。

 「ランチパック 筑紫もち風」(税込165円)の販売は九州のスーパー・コンビニ店頭にて行われます。


関連記事リンク(外部サイト)

沖縄新土産「ぽふぽふ」 お酒によく合うよ~と沖縄男子も絶賛
店長が独自開発し周囲に止められたという問題作 話題の「ジョッキ月見蕎麦」食べてきた
インスタ映え?Twitter映え? 7色の見た目と味の「レインボーホルモン」爆誕

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。