体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

簡単にできる“キャラスイーツ”レシピを紹介!“ガトーショコラwithキティ”

毎日の料理にひと手間加えてかわいらしいキャラクターに変身させてしまう、Kaoriさんの連載。少しのアイディアでいつものレシピがかわいく生まれ変わります。

今回はバレンタインにぴったり “ガトーショコラwithキティ”!をご紹介。

 

1:材料

7324870076152.LINE

・15cm丸型2台分

・クーベルチュール 200g

・無塩バター 150g

・卵黄 4個分

・砂糖 50g

・薄力粉 25g

・バンホーテンココア 25g

・卵白 4個分

・グラニュー糖 30g

 

2:卵黄と砂糖をしっかりと混ぜます。

7324870131165.LINE

 

3:クーベルチュールチョコレートと無塩バターを湯煎でとかします。そこへ2を入れて混ぜます。

7324870182969.LINE

 

4:

①3に卵白とグラニュー糖を混ぜてメレンゲをつくり、そのメレンゲを少量加えてしっかりと混ぜます。

②①に薄力粉とバンホーテンココアを振るい入れます。

③②に残りのメレンゲを入れてさっくりと混ぜます。

④型に流します。 (膨れ上がってからへこむので、9割位のところまで生地を入れても大丈夫です)

7324870245584.LINE

 

5:170℃のオーブンで10分焼いたあと、160℃に下げて20~25分焼きます。1度膨れ上がってから真ん中が凹みます。

7324870290710.LINE

 

6:デコレーション用のクッキーをつくります。クッキーの作り方はキティーちゃんのハロウィンクッキーを参照にしてください(https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/65267

アイシング材料は粉糖 50g、卵白 9g。粉糖に少しずつ卵白を入れながら混ぜます。混ざったらクッキーにのせていきます。(今回は指でアイシングをのせました)

しっかり固まったら、チョコペンを溶かして爪楊枝でお顔やお鼻の真ん中の部分を書きます。ガトーショコラの凹んだ部分に8分だての生クリームをのせて、苺やクッキーなどでデコレーションして出来上がりです。

7324870378613.LINE 7324870465362.LINE

※ガトーショコラ注意点

1.焼き上がり3日くらいがとっても美味しいです。

2.室温で食べるのが美味しいので、もし冷蔵庫で保存していた場合は食べる1時間くらい前に室温に戻してから食べるのがおすすめです。

3.プレゼントする場合は室温が美味しいので生クリームを避けるか、プレゼント直前にデコレーションするのがいいと思います。今回の箱はSeriaで購入したものを使用しています。

7324870410700.LINE

Kaoriさんの記事では様々な”キャラごはん”を紹介予定!

インスタグラムではたくさんのキャラごはんが紹介されているのでチェックしてみてください。

 

■プロフィール

窪田香理 (@kaopan27)

北海道在住、お料理、お菓子、パンでキャラフードを作ることが大好きです♡

家族が喜ぶ顔が見たくて、ちょっとしたひと手間でキャラフードや可愛いご飯に変身させることを楽しんでいます♡

Instaglamでキャラフードやキャラ弁をご紹介しています→ @kaopan27

出典:もしもしにっぽん

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。