体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

けん玉が楽しめるワンドリンク制カフェ

2月2日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では絵に描きたい小江戸の街の一つ、川越を散策する中で「SU・Lab.(スーラボ)」(埼玉県川越市)が紹介された。

散策中に発見した同店は、カフェ兼けん玉屋として営業している。
この日は店の前でも、けん玉を楽しむ子ども達の姿が見られた。どんな店なのか興味がわいた榎木孝明さんは、さっそくお店にお邪魔する事に。店内には約300種類にも及ぶけん玉がズラリと飾られており、壮観と言っても差し支えない。
システムはワンドリンク制。ドリンクを1杯注文するだけで好きなだけ、けん玉で遊べるようになっている。飲み物はソフトドリンク、珈琲、アルコール類が用意されているほか、軽食も用意されている。値段設定は「ドリンク1杯目・大人」(500円)、「ドリンク2杯目以降・大人」(350円)、「ドリンク1杯目・子供」(350円)、「ドリンク2杯目以降・子供」(250円)との事。尚、アルコール及びフードは別料金。けん玉の世界大会にも出場経験があるという店主に技を披露してもらった榎木さんは、せっかくなので自身もけん玉にチャレンジする事に。実は、これまで経験がなく62歳にしてけん玉に初挑戦となる。店主にコツを教えてもらいながら無事に成功した榎木さんは「(けん玉の)ファンになりそうですね!」と笑顔で語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:Su Lab(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:川越のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:川越×カフェ・スイーツのお店一覧
鯛茶漬けとしても楽しめる「鯛ごはん」
麺にそば粉を入れたモチモチ食感の冷麺「きくらげ冷麺」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。