体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロ野球選手が通う伝統の「もやしそば」

2月2日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、ドーム球場周辺のお店のNo.1グルメを特集したコーナーで、「新三陽・後楽園店」(東京都文京区)が紹介された。

同店は地下鉄丸の内線と地下鉄南北線の後楽園駅から徒歩3分程にある中華料理店。 創業から68年の歴史を持つ同店は、プロ野球選手達の御用達のお店と評判で、かつて後楽園球場があった時代には球場で試合に挑む選手が出前を注文する事もあったという。

お店を訪れた陣内智則さんと千秋さんは、お店の常連客でもあるプロ野球選手のお気に入りの「もやしそば」(650円)と「餃子」(500円)を注文。「餃子」は50年以上お店で手作りされている一品でキャベツをたっぷり使って歯応えをだした餡を皮で包んでから、鶏がらスープを掛けつつ蒸し焼きにすれば完成。早速、千秋さんから一口頂くと「うん、美味しい。皮がモチモチ!キャベツが甘いね!」とコメント。続いて陣内智則さんも一口頂くと「パリパリと、横の柔らかさと、美味~い!」とコメントした。

続いて「もやしそば」が完成。ごま油と鶏がらスープで炒めてからとろみをつけた豚肉とたっぷりのもやしをストレート麺と醤油ベースのスープが入った丼に盛り付けた一品だ。一口啜った千秋さんは「美味しい!美味しいけど超シンプル!」とコメントし、陣内智則さんも「うん、うん、ほんまや!」と同意した後、「やさしい味!めっちゃうまい!なにこのシンプルな味でこの美味さ!とろみがめちゃめちゃうまないですか?甘みもあって、うま~!甲子園にも置いてくれへんかな?」と気に入った様子だった。

番組では他にもお店のメニューとして「ラーメン」(500円)を紹介した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:新三陽 後楽園店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:水道橋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:水道橋×居酒屋のお店一覧
鯛茶漬けとしても楽しめる「鯛ごはん」
麺にそば粉を入れたモチモチ食感の冷麺「きくらげ冷麺」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。