体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長く辛い不妊治療。私にとって支えになったものとは…

f:id:akasuguope01:20170926122458j:plain

結婚して7年間、私は不妊に悩んでいました。

「結婚してすぐに子どもができると思っていたのに、なかなかできない…」。28歳で結婚したので30代目前で少し焦っていました。

病院へ行き、言われるまま薬を飲んだり、タイミングをみてもらったりしていましたが妊娠せず。

どんどん焦る気持ちが強くなりました。

周りの友達は、結婚してすぐに子どもができ、幸せそうでした。私は不妊治療していることも周りに話せないでいたので、いろいろな思いを自分の中でため込んでいるのが、とてもしんどかったのを覚えています。

そんなときにインターネットで読んだ不妊治療中の方のブログ。

いろいろな治療中の方とブログで交流しているようでした。そのような交流を持ちたいと思った私は、「ベビ待ちブログ」を書いている人たちとやり取りしてみることにしたのです。 関連記事:「実は…」「そうなんやね」勇気を出して打ち明けた不妊治療の話に母からの言葉は…。 byりーぬ

グループ限定公開のブログ記事などもあり、同じように悩んでいる方たちばかりなので、気兼ねなく投稿できました。

コミュニティーなどもあり、治療の内容を相談したり、聞いてもらったりすることもできました。

また、アバターを動かして、オンラインの街や公園に出かけ、ベビ待ちさん達が集っている場所でチャットをすることも。

実際に会うことがない人たちばかりでしたが、実際に会っているかのようにお話をすることができました。

ブログでは、治療内容や結果、そして進展があったら書き込み、それに対してコメントもしてもらえるので、とても励みになりました。

不妊治療をしていると落ち込むこともありますが、「こんなパワースポット行ってきたよ~」などの情報交換もできて気分転換になり、ひとりで悩んでいた頃と比べると、明るい気持ちで取り組めるようになったと思います。

仲良くしてもらっていた数人から妊娠報告を受けたときは、とても嬉しかったのを覚えています。

妊娠された方は、不妊治療、ベビ待ちブログから育児ブログに変更しブログを続けられる方が多かったので、いつか私もそうできたらいいなと思っていました。

ブログで知り合った人が妊娠した後、ベビ待ちの人たちのために神社でお祈りをしてきてくれたり、妊婦さんが握ったおにぎりをもらうといいというジンクスあやかって、大量のおにぎりを握った写真をブログに貼ってくれたりととても嬉しかったです。 関連事項:不妊治療のストレス発散がてら夫婦で楽しんだ京都旅行で子宝神社をお参りした3ヶ月後に…!

そして私は不妊治療7年目、ついに妊娠!すぐにブログで報告し、私のブログもマタニティブログ、そして育児ブログに変わりました。

ひとりでは乗り越えられなかったかもしれない長い不妊治療。ブログで同じ悩みを持つ仲間がいて本当に良かったと思っています。

f:id:akasuguope01:20170926121649j:plain

著者:もも

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳、0歳10ヵ月

早産で小さく生まれた息子と、やんちゃな娘のママです。甘えん坊で、人が集まる場所では、ママから離れられない息子が幼稚園に行きだしてからしっかりとしてきて一安心。妹は社交的でやんちゃ。正反対な子どもたちと毎日楽しく過ごしています。お料理やパン作りが好きで、休みになると息子と一緒にキッチンに立っています。楽しく育児!頑張ってます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

ずっと生理不順の私。やっぱり妊娠は無理なのかな…
なかなか妊娠できない。友人の結婚式で触れてほしくない質問をされて…
「2人目不妊」であれこれ悩み、落ち込んだ経験から学んだこととは

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy