体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バレンタインに『じゃがりこ チョコ味』!あまじょっぱい不思議な「じゃがりこ」…アリorナシ!?

バレンタインにピッタリな『じゃがりこ(R) チョコ味』が、セブン&アイグループ限定で発売中。シリーズ初となるチョコ味。ポテトチップスのチョコがけがアリなのだから、「じゃがりこ」のチョコ味もおいしいのかも!? いや、でもやっぱりちょっと怖いなぁ…。

昨年の「塩味」に続き、満を持して「チョコ味」が登場!

カルビー『じゃがりこ チョコ味』(52g・税込152円・2018年1月6日発売)は、初めてスティックにチョコレートパウダーとチョコ風味粒を練り込んだ甘い「じゃがりこ」。もちろんバレンタイン向けの期間限定品だ。

開発は困難を極め、通常の「じゃがりこ」では平均試作回数30~40回のところ、今回は80回以上の試作に挑戦。ようやく商品化が実現したという。

 

思い起こせば昨年、バレンタイン向け商品として「じゃがりこ」から登場したのは『じゃがりこ 塩味』だった。この商品も個人的にはお気に入りだったが、やはり「バレンタインなのに塩!?」と疑問を持ったことは否定できない。だからこそ、今回登場した『じゃがりこ  チョコ味』に、記者は相当な期待を抱いている。

パッケージは板チョコをモチーフに、おなじみのキリンさんがバレンタイン仕様に。中央で真っ赤なハートを贈り合っている姿は、「友チョコ」を再現。たしかに『じゃがりこ チョコ味』という攻めたチョコは、本命というより友達同士で楽しむのが吉…かも?

バーコードには「おっちょこちょいね」のダジャレ入りで、安定のかわいらしさ。裏には、メッセージが書き込めるスペースもあって便利!

しょっぱさの中に、ふわりと香るチョコレート!

開封すると、パッケージのイメージ写真と比べてかなり色の濃い茶色。正直、枝と見間違えてしまいそうな…。

チョコレートがかかっているわけではなく、生地に練り込まれているので、中までしっかりブラウンカラー。よーく見ると、周りには塩がかかっているのがわかる。

ザクッと噛もうとすると、まず舌に当たるのは「じゃがりこ」定番の塩味。その後、ふわりとチョコレート風味が広がり、とにかく不思議。噛んでも噛んでも、ひたすら不思議…。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy