体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

変形ロボになった「きかんしゃトーマス」大解剖

変形ロボになった「きかんしゃトーマス」大解剖

今や世界のオモチャの75%を製造しているといわれる中国。中国国内にはコピー製品、いわゆる「パチ物」もあふれており無法状態です。しかし、その技術やアイデアは目を見張るものがあります。そこで、人気のトーマスが変形ロボになったパチ物オモチャ「トーマスフォーマー」を詳しく見ていきましょう。

トーマスがトランスフォームする

2010年代、中国国内で映画版『トランスフォーマー』が大ブームとなりました。それに便乗し、先行して人気の『きかんしゃトーマス』と融合。ラジコン操作で変形するトーマスが登場したのです。

この自動変形タイプの「トーマスフォーマー」は最新型といわれています。本体底面のスイッチをオンにすると、けたたましい音とともにトランスフォームする仕様。電源がオンの間、トーマスとトランスフォーマーの変形を繰り返します。

変形したトーマスの上には顔が出現。映画『トランスフォーマー』のキャラクター・バンブルビーをモチーフにしているようです。変形したトーマスの顔は赤・青・緑色に光り、けたたましい音を鳴らします。

トーマスフォーマー変形で2丁拳銃

このほか、トーマスフォーマーはロボット変形時には2丁拳銃が出現。「ババババッ!」という発砲音が鳴り響きます。しかも、モーターと連動したタイヤで、縦横無尽に動き回るのです。1度変形させると、電源スイッチを入れて自動で変形させないと乗り物に戻らないのが難点です。

トーマスフォーマーのサイズは通常時が90W×87H×200Dmm、変形時が145W×207H×148Dmmで、重さは345g。電源は単3形乾電池×3本となっています。

トーマスフォーマーはラジコンタイプやゼンマイタイプなど、バリエーションが豊富。それぞれ別のメーカーが製作したものです。現在は自動変形ロボタイプの技術を活かし、変形アメコミヒーローなども確認されています。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。