体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分自身に正直に生きることを決めた16歳の主人公と家族の物語

1802041

トランスジェンダーの主人公を、『SOMEWHERE』『ネオン・デーモン』のエル・ファニングが体当たりで演じた映画『アバウト・レイ 16歳の決断』。

16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ。医者から受け取ったホルモン治療についての資料をシングルマザーの母・マギーに手渡すも、マギーは動揺を隠せない。しかし、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが――。

「自分に正直に生きたい」と真っ直ぐな想いを伝えるレイの姿に、キュッと胸が締め付けられる。新しい人生を歩き出すすべての人の背中を押してくれる、心温まる一本! 公開は、2月3日より。

アバウト・レイ 16歳の決断
監督:ゲイビ―・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン
(2015年/アメリカ)
2月3日(土)新宿ピカデリーほか全国公開
©️2015 Big Beach,LLC.All Rights Reserved.
http://aboutray16-eiga.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。