体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

街に移住してきた見知らぬ男女は、“全員、元殺人犯”だった

1802042

「元殺人犯という“究極の異物”との共生」をテーマにした同名コミックを、吉田大八監督×錦戸亮主演で映画化した『羊の木』。

さびれた港町に6人の男女が移住してくる。市役所職員の月末は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らだが、何かがおかしい……そう感じていた矢先、月末は6人が全員“元殺人犯”であることを知る。それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。そんなある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、小さな町の日常の歯車は少しずつ狂い始める――。

信じるか、疑うか……。原作の設定は生かしつつ、完全オリジナルの展開を見せる衝撃の結末が心を深く揺さぶる。公開は、2月3日より。

羊の木
監督:吉田大八
出演:錦戸亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯/松田龍平
(2018年/日本)
2月3日(土)新宿ピカデリーほか全国公開
©️2018『羊の木』製作委員会 ©山上たつひこ、いがらしみきお/講談社
http://hitsujinoki-movie.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。