体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

想像以上に過酷すぎるエベレスト登山の費用や現実。登頂者の意外なエピソードも

想像以上に過酷すぎるエベレスト登山の費用や現実。登頂者の意外なエピソードも

想像以上に過酷すぎる・・・エベレスト登山の費用や現実
ネパールに長期滞在しているとき、カトマンズからネパール東部の町、ビラトナガールという地方都市にプロペラ機で向かう機会がありました。

飛行機の窓からはヒマラヤ山脈が見えて、エベレストの山頂も拝めましたので、同行していた現地の人に、「いつか、一緒にエベレストにでも登ろうか」と言うと、冗談を言うなといった顔で「ノー」と断られました。日本人が富士山に登りたがるように、ネパール人が自分の国の最高峰に登りたがらない姿を不思議に思った経験があります。

しかし、実際にエベレストに登るための苦労と費用、必要な努力を詳しく調べてみると、現地の人のリアクションの意味が分かってきました。とにかくおいそれと気軽に登れる山ではない様子・・・。

そこで今回は、ネパール人の友人を介して紹介してもらった現地ヒマラヤガイドの方の情報を中心に、エベレストに登るための費用、準備、工程などを紹介したいと思います。「エベレストに登ってみたいな」と漠然と考えている方、あるいは「エベレスト登山とはどんな感じなのか」と興味を持っている方は、ぜひともチェックしてみてください。

 

エベレスト登山はネパール政府の許可が必要

想像以上に過酷すぎる・・・エベレスト登山の費用や現実
筆者は小さいころから毎年、家族で富士登山をしてきました。頂上には過去に何度も足を運んでいますし、北陸に暮らす現在は北アルプスの山々も身近に登山しています。その延長で「いつか、エベレストにでも登ろうか」という気軽な言葉が出てきたのかと思いますが、エベレスト登山は日本で言う登山とはわけが違います。

まず、入山するための許可を取得する必要があります。もともとエベレストはチベット側からもネパール側からも外国人の入山が禁止された神聖なエリア。1947年にネパールが外国人の旅行を許してから、外国人でも登れるようになりましたが、今でも許可申請が必要で、通常はエージェントを通して登山の半年前などに行うみたいですね。

想像以上に過酷すぎる・・・エベレスト登山の費用や現実
ネパール政府観光局の資料『MOUNTAINEERING IN NEPAL FACTS AND FIGURES』にも、

<A  mountaineering  expedition  team,  desirous  to  climb  any  Himalayan-peak  of  Nepal  opened  by  Government  of  Nepal  for  mountaineering  shall  have  to  submit  an application to Government of Nepal as prescribed.>(上述資料より引用)

「登山隊は、ネパール政府によって登山のために開山されたヒマラヤの山々の頂上を目指す場合、ネパール政府に書面で申請しなければいけない」とあります。勝手に登るわけにはいかないのですね。

 

3週間ほどかけて山に登る必要がある

想像以上に過酷すぎる・・・エベレスト登山の費用や現実
ヒマラヤ登山のハードルは、許可申請だけではありません。主な登山ルート(南コル・ルート)は、ネパールの首都カトマンズから標高約5,300mの位置にあるベースキャンプを目指して、いきなり150kmの山歩きを求められます。150kmとは、東京から山梨の甲府を超えたくらいの距離ですね。

そこから第1キャンプ(標高約6,000m)、第2キャンプ(約6,500m)、第3キャンプ(約7,300m)、第4キャンプ(約8,000m)を経て、頂上を目指します。しかし、ベースキャンプに着いたからといって、すぐに頂上を目指せるわけでもないと言います。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。