体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験

華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験

「陽が傾き、潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞湾に華麗な黄昏が訪れる。」

これは、山崎豊子が小説『華麗なる一族』に書いた冒頭文。その後、寄稿文にもこんな一節を残しているそうです。

「…何時間も、何日も、沈みゆく夕陽を眺めた。そのあまりに壮麗な自然の光景を文字にする術もなく、書いては消し、消しては書いて、何日目かに書き上げたのが、冒頭の数行である。

この数行を書きえた時の喜びは、今もって忘れられない。華やかに天を染め、燃えながら沈んで行く夕陽のすがたは、『華麗なる一族』の象徴であり、作品の産声をそこに聞くことが出来たのだった。」

このように、山崎豊子が多くの長編小説の冒頭を書き出したのが「志摩観光ホテル」だと言われています。昭和26年(1951年)4月、戦後初の純洋式リゾートホテルとして誕生。当時の賢島には、真珠の買い付けで訪れる外国人が増えてきていたのです。華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験

志摩観光ホテルには、山崎豊子が執筆に使った机が展示されている。

その夕陽を
「海の上から眺める」
という贅沢

志摩観光ホテルと聞いて、サミットを思い出す人は多いかもしれません。2016年、G7伊勢志摩サミットの開催地として、一躍世界中からも注目を集めました。

風光明媚で、海の幸、山の幸が豊富とあれば、そのポテンシャルは窺い知れるところ。

伊勢海老、アワビ、松阪牛…もちろん食材も十分すぎるほど豊富なのですが、今回は「美しい夕陽」を心に刻みたいと思うんです。華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験

ホテル専用の桟橋へと向かうと、そこに用意されているのは、プライベートクルーズ。

いざ、英虞湾へ。華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験 夕陽を浴びながら、徐々に遠ざかっていく志摩観光ホテルの「ザ クラシック」。華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験 船は賢島大橋の下をくぐり抜けていきます。振り返るとそこには、華麗なる夕陽。華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験

日が沈んだあとも、しばらくクルーズ体験は続きます。

3月からは、貸切での船上パーティーや、サンセットクルーズなど、いろいろなアクティビティが生まれる予定とのこと。華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験

同じグループホテルの「プライムリゾート賢島」を海の上から見ると、まるでヨーロッパ。この日は少し風があったので波が揺れていますが、満月の日のムーンロードはとても綺麗に輝くそうです。

そんな夕陽を味わうべく、2018年3月1日より「ラウンジクルーズ志摩」が運航。リアス海岸の優美な景観を感じながら、穏やかに軽やかに英虞湾を満喫してみては?

★チャータークルーズプラン(最大定員12名)
・デイクルーズ ¥20,000〜
・サンセットクルーズ ¥30,000〜

★船上パーティプラン
・チャータークルーズプランにひとり5,000円追加
(※いずれも、1艧1時間あたりの料金)
・内容:総料理長 樋口宏江の季節のオードヴル & スパークリングワイン、ソフトドリンク

※志摩観光ホテル、海辺ホテルプライムリゾート賢島、ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩、賢島宝生苑、4施設に宿泊している人限定プラン。

華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験Photo by JAPAN LOCAL取材協力: 志摩観光ホテル

関連記事リンク(外部サイト)

たぶん、一生忘れない「伊勢海老クリームスープ」
豪華なアウトドアを「手ぶら」で楽しむ!カヌー付きキャンプサイトが大人気
見れるのは、年に2回だけ。NYで撮影された「夕陽」がまるで映画のワンシーン

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。