体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お家で簡単にスパークリングワイン気分を味わいたいときに!『サントリー こくしぼり プレミアム 白ぶどう』

日常の晩酌でも、ちょっと贅沢感を味わえるプレミアムさを打ち出した商品が増えている。サントリースピリッツより限定出荷された『サントリー  こくしぼり プレミアム 白ぶどう』も、その1つ。なかなかスパークリングワインを自宅で味わうのはハードルが高いが、チューハイでありながらリッチな風味を楽しめるとあって、お酒好きの記者としては見逃せない一品だ。

いつものチューハイにプレミアムな白ワインの味わい!

セブン&アイ先行販売商品となるサントリースピリッツ『サントリー  こくしぼり プレミアム 白ぶどう350ml』(内容量 果汁15% アルコール分:5.0%・実勢価格税込 171円・2017年12月12日発売)。レモンやオレンジがラインナップされている『こくしぼり』ブランドは、果実感を出すために果汁を贅沢に使用しつつ、浸漬酒をベースにしているのが特徴だ。

 

『サントリー  こくしぼり プレミアム 白ぶどう350ml』も、白ぶどうを漬け込んだ浸漬酒に、ぶどう果汁とワインがブレンドされている。

チューハイながら、白ぶどうの果実味とワインのコクの両方が味わえるところがポイントだ。缶を開ける前に、一度逆さまにして果実成分を全体に行きわたらせてから頂こう。

 

日々の自宅飲みにちょっと贅沢なひと時を

逆さまにした後、白ワイン仕立てといえど、チューハイなので普通のコップに注いでいくことに。

炭酸も相成って、さながらスパークリングワインのような色味だ。

 

口に含んで見ると、白ぶどうのしっかりとした甘みを感じることができる。後味として、白ワインのリッチ感もあり、プレミアムの名に恥じない美味しさだった。

 

記者はどちらかと言うと白ワインも甘口の方が好きなので、飲みやすい甘口白ワイン感覚で自宅で楽しむのも有りだろう。

氷を入れることで、甘みが程よくなり、爽やかに楽しむことが可能。この辺りはお好みで調整されたし。

 

本場白ワインであれば料理に合わせたりいろいろと気を使うこともあるが、チューハイなので気楽にまったりと自宅飲みすることができる。日常のちょっとした贅沢感の演出に頂きたい1本だ。

 

限定出荷なので、店頭から無くなってしまう前に味わってみてほしい。

関連記事リンク(外部サイト)

浸漬酒採用『サントリーチューハイ こくしぼり』グレープフルーツ/オレンジ/レモン&ライムはどれがうまい!?
こんなフルーティーなビールを国産で楽しめるなんて…!サントリー『ザ・プレミアム・モルツ 香るプレミアム』
『サントリーチューハイ こくしぼり ピンクグレープフルーツ』ほんのりピンクが乙女飲酒層に最適!
『こくしぼり(芳醇ぶどう)』巨峰を漬け込んだ上にワイン、ブランデーまで援軍に取り込んだ濃厚缶チューハイ!
『ザ・プレミアム・モルツ “初摘みホップ”ヌーヴォー』今年収穫されたばかりのファインアロマホップを贅沢に使った数量限定ビールを味わう!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。