体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャンピングカー版Airbnb!?モーターホームレンタルサービス「goboony」で気ままな旅を

アウトドアブームの影響からか、最近キャンピングカーの人気がすごいらしい。そうは言っても、望めば誰でも手に入れられるわけではない。まず、値段が高い。新車なら、1000万円前後が普通。車体が大きいので、駐車スペースに困るという問題点もある。

「それなら、買わずに借りてしまおう!」というところから登場したのが、コレ。モーターホームをレンタルできる「goboony」。モーターホーム、すなわちキャンピングカーをウェブから選び、良心価格でレンタルできるというもの。休日のちょっとしたレジャーにぴったりの、うれしいサービスだ。

・人気の秘密は豊富な車種とリーズナブルな料金

利用者数が、すでに100万人を超える「goboony」。人気の秘密は、豊富な車種とリーズナブルな料金にある。レンタル料は、概ね1日1万円台。バスコンタイプから軽キャンピングカーまで、さまざまな車両がそろっている。

オーナーは全員、厳選な審査によって選ばれた人たち。取り扱うすべての車両は、法的要件を満たし、安全な保険と保証された身分を所持している。

・安全と信頼性でシェア拡大中

利用の手順は、次のとおり。最初に旅行日程を入力し、条件に合うキャンピングカーを検索する。車が見つかったら、専用フォームから予約リクエストを出す。オーナーに直接連絡してもいい。オーナーが承認すれば、予約は完了。希望日に車が手配されるシステムだ。

お金は予約時に50パーセント、出発3週間前に残りの50パーセントを支払う。ウェブ内のフラットフォームを通して行うので、安心だ。

安全と信頼がウリの本サービス。オーナーとして車を提供する場合に課せられる条件は、かなり厳しいとのこと。余計心配もなく、ダイナミックな旅を楽しめそう。日本での展開に期待!

goboony

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。