体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Mobizen Live : YouTubeのライブ配信を手軽に行えるアプリ

定番のスクリーンレコーダーアプリ「Mobizen」の開発元から YouTube のライブ配信に特化したライブ配信アプリ「Mobizen Live」がベータ版として配信されています。Mobizen Live はスマートフォンの画面またはカメラの映像を YouTube 経由でライブ配信できるアプリです。ユーザーは配信する映像ソースをスマートフォンの画面またはカメラのどちらかで選択することができ、ゲーム実況やアプリのチュートリアルの用途の他、人物を中心とした通常のライブ配信にも対応しています。画面上のフローティングボタンで録画を開始したり撮影した映像を視聴したり、設定を変更できる Mobizen の手軽さは Mobizen Live に受け継がれており、基本的にはフローティングボタンだけで操作します。ライブ配信を行うにはライブイベントを公開するチャンネルの YouTube アカウントでログインし、映像ソースをスマートフォンの画面またはカメラのいずれかから選択します。そしてふ「ライブ開始」をタップします。フローティングボタンはライブ配信中にも表示されるようになっており、そこでコメントの表示切替、(スマートフォンの画面の場合)フロントカメラ映像の ON / OFF、ライブ配信の停止を操作できます。アプリにはパラメータの調節機能があり、配信する映像の解像度や初期のフロントカメラの ON / OFF、公開範囲の設定などを行なえます。Mobizen アプリなのでいたる所に広告が表示されますが、基本的な使い方はとても単純なのですぐに使い慣れると思います。一つ注意点を紹介すると、ライブ配信の開始時に縦画面だと配信される映像のサイズも横幅になるので、横画面に切り替えた際に画面の映像が小さくなります。横画面で配信する場合には横画面の状態で「ライブ開始」ボタンをタップことをおすすめします。「Mobizen Live」(Google Play)

■関連記事
DJI TELLOの国内版がAmazonで予約開始、3月に発売
Galaxy S9 / S9+の最新情報、カメラが大幅に強化
Fitbit Ionic用の純正アクセサリーバンドが国内発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。