体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

玄関先に!セキュリティカメラ付きスマートライト「LightCam」はインターホンにも

スマートライトは使い慣れるとなかなか便利なもので、気がついたら家の中の照明は全てスマートライトなんて人もいるのではないだろうか?では、玄関先はどうだろう?

まさにこの用途にピッタリのスマートライトがKickstarterに登場だ。「LightCam」は、セキュリティカメラとしても使える、一石二鳥なスマートライトなのだ。

・セキュリティカメラが訪問者をチェック

このスマートライトは照明道具にそのまま差し込んで使えるバルブ(電球)タイプなので、差込口のサイズさえ合っていれば、既存の照明器具に取り付けることが可能。WiFiを繫いでスマホのアプリで照明を操作することとなる。

さらに、本体の先にHD(1080p)の小型カメラも搭載されており、訪問者の動きを察知してユーザーに通知を送ってくれる。アプリ上でカメラの映像を確認できるので、リアルタイムで訪問者を把握することができるというのはなかなか便利だろう。

ナイトビジョンにも対応しているので、暗闇でも約9m先の様子までとらえることができるそうだ。

・訪問者と会話をすることも?

なお、内蔵のスピーカーとマイクで訪問者と会話をすることも可能だ。これである意味インターホンのような使い方ができるので(しかもスマホ上で対応)、不要なやり取りのために扉を開けて時間を割く必要もなくなるだろう。

WiFiの届く範囲で、電気が通っていればどこにでも配置できるので、玄関先の天井ライトや家の門のライトにつけても良いだろう。Indiegogoにて89ドル(約9680円)から出資注文できる。

電球にしては決して安い買い物ではないだが、セキュリテイカメラを買う感覚であればなんとか納得はできるのではないだろうか。2018年8月頃の発送を予定しているそうだ。

執筆:Doga

LightCam/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy