体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モバイルWi-Fiルーターをボウルで飛距離アップ

モバイルWi-Fiルーターをボウルで飛距離アップ

モバイルWi-Fiルーターには基本的に指向性アンテナは付いておらず、全方向へ電波を飛ばす設計です。このため、どこにいても通信できるわけですが、飛距離は大幅に減ってしまいます。そこで、モバイルWi-Fiルーターを100均のボウルを使って簡単に飛距離アップする方法を紹介しましょう。

モバイルWi-Fiルーターにボウル

モバイルWi-Fiルーターを飛距離アップするといっても、勝手に出力を上げたりするのは電波法違反になります。手軽に通信距離を伸ばすなら、反射波を利用して効率良く電波を送信するのがよいでしょう。

モバイルWi-Fiルーターの飛距離アップに利用するのは、100均で売られているボウルとブックエンドとスマホスタンドです。パラボラアンテナとしてボウルを使い、それをブックエンドで固定。スマホスタンドでルーターをセットします。

実際に、モバイルWi-Fiルーターを100均のボウルで飛距離アップする手順は、まずブックエンドの穴の高さに合わせて、ボウルの底にドリルで穴を開けます。穴は1か所でOK。ネジでブックエンドとボウルを固定します。

モバイルWi-Fiルーターの強度アップ

あとは、ボウル内にスマホスタンドを置いたら作業は終了。小さめのスマホスタンドにモバイルWi-Fiルーターをセットして完成です。無線LANルーターをセットする場合は、大きめのスマホスタンドを用意します。

実際に、モバイルWi-Fiルーターが100均のボウルでどれだけパワーアップしたのか、電波強度を測定して比較しました。ボウルの正面約10mのスマホでアプリ「WiFiアナライザー」を使って測定します。

モバイルWi-Fiルーターをセットすると、前方へ効率よくアンテナの反射波が飛ぶのか、電波強度がかなりアップ。ただし、無線LANルーターをセットした場合はボウルがやや小さいせいかパワーアップ効果はわずかでした。

関連記事リンク(外部サイト)

エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。