体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国旅行気分が味わえる♪日本三大中華街・神戸南京町の「春節祭」は2月16日から

中国旅行気分が味わえる♪日本三大中華街・神戸南京町の「春節祭」は2月16日から 南京町春節祭

2月16日の中国の元旦「春節」にあわせ、日本三大中華街の一つ、神戸市中央区南京町では、「春節祭」が2月16日(金)~18日(日)に開催されます!

中国の旧暦のお正月を祝う「春節」をアレンジしたこちらの「春節祭」は、なんと今年で30回目!記念企画として、30頭もの獅子舞が南京町広場を埋め尽くしたり、ハズレなしの「ポチ袋くじ」の賞品がより豪華になったりと、あらゆる企画がパワーアップ♪

記念すべき30回目の「春節祭」、ぜひ一緒に楽しんじゃいましょう!

記事配信:じゃらんニュース

プレイベントでは黄金の龍! 3日間で17万人もの人が訪れる「春節祭」

1987年に始まった「春節祭」。2回の中止がありつつも(昭和天皇崩御の年と、阪神・淡路大震災の年)、2018年は32年目、第30回の開催となりました! 1997年には神戸市の地域無形民俗文化財に指定され、昨年の来場者は3日間でおよそ17万人! 神戸っ子のみならず、観光客もたくさん集まる、1年で1番南京町が盛り上がる期間です。

11日(日)のプレイベントでは、全長47mもある金龍「龍龍(ロンロン)」が神戸の町を練り歩き、異国情緒あふれる南京町にもう直ぐやってくる春節の訪れを告げます。華やかな中国の元旦のお祭り「春節祭」。30回目を記念してパワーアップした企画の数々をご紹介します!

30回記念として30頭の獅子舞が登場!「獅子舞大演舞」

南京町春節祭

「駆邪と招福」の象徴である獅子。毎年盛り上がる獅子舞は春節祭のメインと言っても過言ではありません。こちらが今年は30回を記念して、なんと30頭もの獅子舞が登場します! 南京町広場が獅子で埋め尽くされる様子は、今年しか見られません!

■場所:南京町広場ステージ

■日時:2月16日(金)18:30~

瞬き禁止! 一瞬で顔の面を変える「変臉(へんれん)」

南京町春節祭

中国・四川地方の伝統的芸能「変臉(へんれん)」は、華やかな曲に合わせ動きながら、一瞬で面を変える芸。今年は30回記念企画として、例年は1名の演技者が、3名に!

■場所:南京町広場ステージ

■日時:2月16日(金)11:15~/14:00~/16:00~

2月17日(土)13:00~/16:30~/18:00~

2月18日(日)13:00~/15:00~/18:00~

ハズレなしの「ポチ袋くじ」や迎春餐&福袋も!

南京町春節祭

毎年大人気の1枚200円でハズレがない「ポチ袋くじ」。今年は30回を記念して商品がより豪華に♪

■場所:南京南路

■日時:2月16日(金)~18日(日)10:30~19:00(なくなり次第終了)

※賞品の一例

・シンガポール旅行ご招待(1名様)

・一泊朝食付きホテル宿泊・ツインルーム(ホテルオークラ、ポートピアホテル)

・有馬温泉ペア一泊二日、朝夕食付き

・旅行券5万円

・南京町商品券1万円 など

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy