体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)

どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)

北欧スウェーデンは北極圏にまたがる国。冬場は豊かな自然も町並みも雪に包まれ真っ白に。あぁ、僕に彼女ができたなら、こんな場所でゆったりとした時間を過ごしたい。

一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪と氷で作られた幻想的なホテル。うん。甘いひと時を過ごすのなら、ここで決まり。今回は、もしも彼女と行けたならを想像して旅してみた。

彼女:「うわ〜キレイ」
僕:「キミの方が……」

どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL

「ICEHOTEL」の特徴は、なんと言ってもすべてが氷で作られているというところ。ホテルの近くを流れるトルネ川の氷を使用した、天然由来のものであることも驚き。しかも、室内のデザインも豊富。

冬場はもちろん、夏場でも室温を-5℃に保っており、一年中“雪国スウェーデン”の魅力が楽しめるんだ。

この美しい部屋で彼女とふたりっきり。「寒いね、でもキレイ…」と、微笑む彼女をそっと抱きしめたい。どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL

ホテル内は、まるでRPGのダンジョンのような、現実離れした世界観。

見ているだけでもわくわく。彼女と一緒にわくわく。

ホテル内の氷像は世界各地から集まった68人ものアーティストによって作られているらしい。ホテルそのものが“氷の美術館”みたいなんだ。どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Asaf Kliger, ICEHOTEL どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Paulina Holmgren, icehotel

いよいよ夜がやってきた。氷に包まれた寝室では、「-15℃まで対応できるあたたかなトナカイの寝袋にくるまって眠ることができる。

冷たい空気の中、幻想的で美しい寝室で彼女と身を寄せ合って熱い一夜を…。想像しただけでも、にやけてしまう。どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)Photo by Tomas Jönsson, ICEHOTEL
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy