体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おいしい野菜やお得な日用品が買いたい! 便利なショップやマーケット、日本食スーパーをご紹介【ベイカー恵利沙の憧れNY/vol.3】

おいしい野菜やお得な日用品が買いたい! 便利なショップやマーケット、日本食スーパーをご紹介【ベイカー恵利沙の憧れNY/vol.3】

モデル/スタイリストのベイカー恵利沙が綴る、NYでの生活。食べ物や日用品、日本のアイテムはNYのどこで買えるの? 今回は彼女が日々使っているスーパーやマーケットをご紹介します。

NYの家賃の高さは第一回目でもお伝えしましたが、外食も、それはもう、本当に高いです。

こちらに来て3ヶ月、なんだかもう慣れてきてしまったけれど、カフェでランチをして、コーヒーも頼んで、チップを入れたら、30ドルは絶対します。

参考までに、先日食べたお気に入りのカフェでのランチ。
1品ずつとラテを頼んで2人で50ドル。チップを入れて60ドル。なのでやっぱり1人30ドル!

日本のランチで約3400円を払ったら、コースなんて食べられちゃいますよね。それがNYだと、サンドイッチとコーヒーでその金額。日本なら同じ内容を1500円くらいで食べられそう!

もちろん、ディナーだともっと高い! 物価が高いうえに、いまNYのチップは20%なので(必ず払います)、それでさらに高くなるのです! こう考えると、日本の物価って本当に安い……!

一人でご飯をするときはそんなにお金を使いたくないので、誰かとごはんするとき以外はほとんど毎日自炊。だから、日用品も安く買える場所をいつも探しています。

 

NYで生き抜くために、賢く買い物をしよう!

NYは“マーケット”が豊富♡ 日本では「市場」や「マルシェ」という呼び方のほうが、ぴんとくるかもしれません。ニューヨーカーは、フレッシュな野菜や果物、手作りのパンなどを買いに、マーケットへ出かけます。

こちらは、地元の人が自家製の食材や植物を売るグリーンマーケット「Green Market」。

さまざまな場所で開催されていますが、一番規模が大きいのは、ダウンタウンのユニオン・スクエアガーデンで開かれるもの。月・水・金・土の週4回、朝8時くらいにはじまって、夕方の6時頃に閉まります。

遺伝子組み換えのものは販売禁止されているため、安心して買い物できるのも高ポイント! 見てるだけでも楽しいから、ついつい長居してあれこれ買っちゃう。

おいしいパン屋さんのブラウニーを食べ歩きしながら、散策します。12月はツリーやリースも売ってたよ。いろいろと入れ替わる季節のオーナメントやお花を見るのも、楽しみのひとつです。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。