体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ラ・ラ・ランド』好きはハマる!? 話題のミュージカル映画

『ラ・ラ・ランド』好きはハマる!? 話題のミュージカル映画
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。2月1日(木)のオンエアでは、アカデミー賞にノミネートされた2作品をピックアップ。映画ライターのよしひろまさみちさんが、その魅力を解説しました。

3月に開催を控えた、第90回アカデミー賞授賞式。今回も話題の作品が目白押しです。今回は、「STEP ONE」が注目する『スリー・ビルボード』と『グレイテスト・ショーマン』を紹介しました。

まずは、『スリー・ビルボード』から。

映画の舞台はアメリカ・ミズーリ州の片田舎。何者かに娘を殺された主婦・ミルドレッドは、進展しない警察の捜査に怒り、3枚の巨大な広告看板を掲載します。この行動に町は大騒ぎ。警察や住民と対立したミルドレッドは、孤立無援に。そこに新たな事件が起こり、事態は思わぬ方向に向かっていきます。

アカデミー賞に作品賞、主演女優賞ほか6部門で7ノミネートを果たした『スリー・ビルボード』。よしひろさんは、高い評価を得る本作の魅力を次のように語りました。

「この映画は、今のアメリカ社会の闇を切り取ったことが評価され、アカデミー賞にノミネートされました。たとえば、田舎町の村社会にはびこる権力者と市民の間の大きな格差や、教育問題、DV問題などが詰め込まれています」

ちなみに『スリー・ビルボード』は、トロント国際映画祭で観客賞を受賞。この映画祭で観客賞を獲得した作品は、アカデミー賞でも作品賞を受賞する確立が高いとも説明しました。

次に紹介するのは、『グレイテスト・ショーマン』!

この作品は、アメリカで有名なサーカス団「リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」の創始者P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル映画です。

19世紀半ばのアメリカで、貧しい家に生まれ育ったバーナム。妻と子どもを幸せにするため、様々なことに挑戦しては、失敗を繰り返していました。そんなある日、才能はあっても、それを生かしきれていない人たちの存在に気づきます。「彼らを集めてショーを開けば、きっと素晴らしいものになる」というバーナムの予想は的中し、見事ショーは大当たり。興行師として成功を収めるバーナムですが、その先に困難が待ち受けていました。

ハリウッドではこの20年、オリジナルのミュージカル映画は作られていませんでした。ただし、よしひろさんは、昨年の『ラ・ラ・ランド』のおかげで、ミュージカルの勢いが増してきていると説明。驚いたことに『グレイテスト・ショーマン』の企画は、なんと7年半前からあったとか。主演を務めたヒュー・ジャックマンが、この企画をずっとあたためていたそうです。

ほかにも、『ラ・ラ・ランド』の音楽を手がけたメンバーが、『グレイテスト・ショーマン』の音楽も担当。よしひろさんは「とっても曲がキャッチーなんです。観たとたんに『自分も一緒に歌いたい!』という曲ばかり。『ラ・ラ・ランド』にハマった人はぜひ観ていただきたい作品です!」と太鼓判を押していました。

『スリー・ビルボード』は現在公開中。『グレイテスト・ショーマン』は、2月16日(金)全国ロードショーです。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。