体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

The fin.、2ndアルバムより「Snow(again)」をストリーミング先行公開

神戸出身の3人組ロックバンド・The fin.が3月14日にリリースする2ndアルバム『There』から、「Snow(again)」が音楽ストリーミングサービスで先行公開された。楽曲は3月リリースのアルバム同様にLondon Dean Street StudioにてプロデューサーにJamiroquai、Passenger、Alt-Jのプロデュースや、Radioheadのミキサーで知られるBradley Spenceを迎えて制作された楽曲となっており、The fin.のアーティスト写真やストリーミングリリースされた楽曲のアートワークも手掛けているロンドン在住の気鋭のフォトグラファーSam Hiscox (サム・ヒスコックス) がアルバムのアートワークを担当している。
The fin. (okmusic UP's)

また、CDは初回盤と通常盤の2形態でリリースされ、初回盤は数量限定でメンバーが制作に携わったロンドンでの1年間の音楽活動や生活風景を、写真と文字で記したスペシャルZINEが同封される。

3月から6カ国19公演のアジアでのリリースツアーがアナウンスされており、既に中国8公演がすべて完売となっている。日本では4月4日(水)より、福岡、大阪、名古屋、東京、札幌の全5都市でワンマンライブが決定しており、2月3日(土)よりチケットの一般発売がスタートする。
『The fin. Tour 2018』
3月08日(木) 中国 Chendu Little Bar Space ※Sold Out

3月09日(金) 中国 Beijing YugongYishan ※Sold Out

3月10日(土) 中国 Shanghai Mao Livehouse ※Sold Out

3月11日(日) 中国 Hangzhou Mao Livehouse ※Sold Out

3月13日(火) 中国 Nanjing Ola Space ※Sold Out

3月14日(水) 中国 Wuhan VOX ※Sold Out

3月15日(木) 中国 Guangzhou T-Union ※Sold Out

3月16日(金) 中国 Shenzhen B10 Live ※Sold Out

3月18日(日) 香港 Eaton Workshop

3月21日(水) 熊谷 Heaven’s Rock VJ-1

3月24日(土) タイ Khon Kaen TOEY Freshtival 2

3月25日(日) タイ Bangkok Voice Space

3月31日(土) 台湾 Taipei Legacy

4月02日(月) フィリピン Manila 19 East

4月04日(水) 福岡 The Voodoo Lounge

4月06日(金) 大阪 Shangri-La

4月07日(土) 名古屋 Jammin’

4月13日(金) 東京 WWW X

4月14日(土) 札幌 Spiritual Lounge
アルバム『There』
2018年3月14日発売

【初回盤】

RDCA-1055/¥3,300(税込)

【通常盤】

RDCA-1056/¥2,500(税込)

<収録曲>

01.Chains

02.Pale Blue

03.Outskirts

04.Shedding

05.Afterglow

06.Missing

07.Height

08.Heat (It Covers Everything)

09.Vacant Sea

10.Through The Deep

11.Snow (again)

12.Late at Night

13.Alone in the Evening (1994)
配信楽曲「Snow (again)」
配信中

<配信サイト>

Spotify / Apple Muisc / Line Music / AWA / Google Play

■SoundCloud

https://soundcloud.com/thefinmusic/snow-again/s-0sYkr
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy