体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バルト三国【エストニア・ラトビア・リトアニア】のお土産勝手にランキング!素朴な可愛さにぞっこん

バルト三国【エストニア・ラトビア・リトアニア】のお土産勝手にランキング!素朴な可愛さにぞっこん

素朴な可愛さにぞっこん、バルト三国【エストニア・ラトビア・リトアニア】のお土産ベスト8
中世の面影を残す町並みで人気上昇中のバルト三国、エストニア・ラトビア・リトアニア。豊かな森に囲まれた国だけあって、自然の恵みたっぷりの食品やコスメ、手仕事の温もりあふれる雑貨など、思わずひと目惚れしてしまうほど可愛らしいアイテムがいっぱいです。

女性目線でもらって嬉しいバルト三国のお土産ベスト8を勝手にランキングしました。

第8位 シャコティス

素朴な可愛さにぞっこん、バルト三国【エストニア・ラトビア・リトアニア】のお土産ベスト8
シャコティスは、結婚式や誕生日などのお祝いごとなどに欠かせないリトアニアの伝統菓子。ドイツのバウムクーヘンに似ていますが、リトアニア語で「枝」を意味する「シャカ」にちなんだ名前の通り、無数のとげとげをもっているのが特徴です。

数十人もの参加者が集まる大きなイベントでは、1メートル級の巨大なものが登場することも。一人でも食べきれるほどの小ぶりの箱に入ったミニサイズはお土産にぴったりで、スーパーやキオスクなど、リトアニアのあちこちで手に入れることができます。

とげとげがあるぶん、バウムクーヘンよりも乾燥していてさっくりとした食感。大量の卵を使うシャコティスは、卵の優しい風味が特徴で、その素朴な味わいはまるでリトアニアという国そのものを象徴しているかのようです。

第7位 ハーブティー

素朴な可愛さにぞっこん、バルト三国【エストニア・ラトビア・リトアニア】のお土産ベスト8
ハーブの栽培がさかんなバルト三国では、ハーブティーは古くから薬としても飲まれてきました。スーパーでも多彩なハーブティーが揃いますが、特別感を求めるならタリン最古の薬局「市議会薬局」のオリジナルハーブティーはいかが。

市議会薬局は現役の薬局としてはヨーロッパ最古の薬局のひとつで、1422年にはすでに3代目の主人が経営していたといいます。「長寿のワイン」と呼ばれるクラレットワインや、中世から処方されてきた「失恋の治療薬」(マジパンのようなお菓子)も人気です。

第6位 ハチミツ

素朴な可愛さにぞっこん、バルト三国【エストニア・ラトビア・リトアニア】のお土産ベスト8
良質なハチミツがとれることで知られるバルト三国では、ハチミツはとても身近な存在。なんとハチミツ入りのビールもあるほどです。日本で買うと高額なハチミツも、バルト三国のスーパーやマーケットなら、手頃な値段で手に入ります。

専門店なら、リガにある「ダウグマレス蜂蜜店」がおすすめ。常時12種類以上の蜂蜜を取り揃えていて、なかでもほのかに桜の香りがする蜂蜜「Liepu Ziedu」が人気です。

ハチミツそのものだけでなく、蜜ろうのキャンドルにも注目。黄色をした蜜ろうのキャンドルは、見た目が可愛らしいだけでなく、空気を浄化するという実用性も兼ね備えています。

第5位 ニット製品

素朴な可愛さにぞっこん、バルト三国【エストニア・ラトビア・リトアニア】のお土産ベスト8
冬の寒さが厳しいバルト三国では、ニットの手袋やマフラー、靴下など、見ているだけで心あたたまるようなニット製品が売られています。なかでも、タリンとリガは北国らしいキュートなノルディック柄のアイテムが豊富。靴下などは子どもへのお土産にもぴったりです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy