体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サカナクション、初ベスト『魚図鑑』、幕張LIVE映像、7thALの3作品連続リリースを発表

サカナクション、初ベスト『魚図鑑』、幕張LIVE映像、7thALの3作品連続リリースを発表

 サカナクション山口一郎がパーソナリティを務めるTOKYO FM/JFN 系 38 局ネット『SCHOOL OF LOCK!』内“サカナ LOCKS!”にて、サカナクションの3作品連続となるリリース計画が発表された。

 3月28日にリリースとなる第一弾作品は、10周年の活動を総括するバンド初のベストアルバム『魚図鑑』。第二弾作品は昨年幕張メッセで行われた6.1chサラウンドライブのLIVE Blu-ray&DVD。そして第三弾作品は前作『sakanaction』以来、約5年ぶりとなる待望のニューアルバムとなる。第二弾、第三弾作品のリリース日・作品詳細は近日中に発表される。

 初のベストアルバムとなる『魚図鑑』は、メジャーデビュー10周年を迎え新たなフェイズにバンドが向かうために、これまでの作品を総括・体系化する意味合いで“図鑑”という異例のフォーマットを採用している。同梱される“魚大図鑑”、“魚図鑑”は、収録楽曲を様々な視点から考察・解析したデータが大量に掲載された重厚長大な内容で、全ての形態が生産限定商品となる。

 バンドは現在、7作目となるニューアルバムに向けたレコーディング期間に入っている。今回の一連の作品リリースの発表に合わせてボーカル山口一郎からコメントが届いている。

◎山口一郎コメント
なぜか10年前のデビュー当時から、音楽のことを「仕事」と呼ぶことに抵抗がありました。今も「仕事」として音楽と向き合っているつもりはありません。新しいアルバムを作る上で、改めて自分たちの過去の歌を聴きなおしてみましたが、その「仕事」ではない感覚で音楽を作って来たことが、決して間違いではなかったと安心しましたし、今作り続けている春に出る新しいアルバムも、その範疇に良い意味で入り込んでいると思います。
僕らの世界観を愛してくれているファンの皆様、僕らの音楽をまだ聴いたことのない方々にも、今回リリースされる僕らのベストアルバム『魚図鑑』を経て、春フェスが始まり出す頃にリリース予定のNEWアルバムへ期待を寄せていただけると嬉しいです。
変わらないまま、変わり続けるサカナクションを、これからも宜しくお願い致します。

◎リリース情報
サカナクション ベストアルバム『魚図鑑』
2018/3/28 RELEASE
<完全生産限定プレミアムBOX>CD3枚組+魚大図鑑
VIZL-137 7,000円(tax out.)
<初回生産限定盤>CD2枚組+魚図鑑+Blu-ray
VIZL-1371 5,600円(tax out.)
<期間限定生産盤>CD2枚組+魚図鑑
VICL-64991/2 3,600円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

【TAICOCLUB’18】Alfa Mist、FKJ、Igloohost、Marcel Dettmann、Nathan Fake、サカナクションの出演が決定
サカナクション・山口一郎、自身が率いるカルチャーイベントにて藤原ヒロシとのコラボレーションが決定
サカナクション「陽炎」遂に完成、映画『曇天に笑う』最新予告映像とともに初解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。