体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライトセーバーでシスを倒せ! ARゲーム『ジェダイ・チャレンジ』の臨場感が凄すぎる

子どもの頃、ライトセーバーごっこをした人はたくさんいるだろう。

SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』シリーズの象徴となるのが、光り輝く剣「ライトセーバー」だ。当時この映画を見た多くの青少年が、傘やほうきをライトセーバーに見立て「ヴォンッ! ……ヴォンッ!」と振り回していたはずだ。

たとえ大人になっても、ライトセーバーを自在に振り回し、敵をなぎ倒していくジェダイへの憧れは忘れられるものではない。

スマホが普及し、アプリやAR(拡張現実)の技術が向上したことで、幼い頃に憧れた世界の多くはデジタルコンテンツとしていつでも体験できるようになった。そして2017年冬、ライトセーバーを限りなくリアルに再現したARゲームが登場したのだ。

AR空間で本物の臨場感! 「ジェダイ・チャレンジ」

そのARゲームとは、レノボジャパンから発売されたARゲーム「STAR WARS™ /ジェダイ・チャレンジ」。

専用のアプリをダウンロードしたスマホを「Lenovo ミラージュARヘッドセット」にセットすることで、半透明のグラスにAR映像が表示される。付属のライトセーバーを使えば、現実の空間に現れた敵と実際に戦っているようなバトルゲームが楽しめるのだ。

このゲームで目玉となるのは、ダース・ベイダーやカイロ・レンなど、歴代の敵役とAR空間で戦うことができる「ライトセーバー・バトル」。

レノボ公式動画 ライトセーバー・バトル

そのほかにも以下2つのゲームがプレイできる。

●ホロチェス
シリーズ初代のエピソード4で主人公一行が乗り込む船「ミレニアム・ファルコン」内に置かれた、クリーチャー(怪物)が戦うホログラフィックのボードゲーム。「ジェダイ・チャレンジ」では、劇中に登場したこのゲームを忠実に再現。クリーチャーを戦わせることができる。

レノボ公式動画 ホロチェス

●戦略バトル
劇中で何度も描かれた反乱軍と帝国軍の銃撃戦。このゲームのミッションは戦場の指揮者となり、フィールドにユニットを配置して反乱軍を勝利に導くことだ。戦場に配置できるユニットには、ルーク・スカイウォーカーなど、伝説のジェダイ戦士も含まれる。

レノボ公式動画 戦略バトル

というわけで3つのゲームをプレイしてみよう。

ファン歓喜! ライトセーバー型コントローラーに感動

こちらが家に届いた「ジェダイ・チャレンジ」の箱。

劇場最新作の敵役、カイロ・レンが描かれたパッケージを開けると……。

ライトセーバー型のコントローラーがお目見えだ! シリーズのファンなら、この時点で「おぉ〜!」と歓喜の声を上げてしまうだろう。

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy