体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オトナもコドモも大興奮!ゴージャスで長~い恵方巻きづくりに挑戦

2月3日は節分。節分といえば、最近よく話題になるのが恵方巻き。

この恵方巻きの“長~い版”を子どもたちといっしょにつくろう! というイベントが行われた。

しかしこれは、ただ長い恵方巻きを子どもたちとつくるだけの話じゃない。

作るのは素材に江戸前の“本物”を使用した、オーセンティックでゴージャスな恵方巻きなのだ。

主催したのは、1849年(嘉永2年)に東京・日本橋室町に創業したあの老舗、山本海苔店。

集まった子どもたちの前には、山本海苔店の幹部陣がズラリ。同店取締役 山本德治郎社長をはじめ、跡継ぎになる山本貴大専務取締役、さらに“山本海苔店の吉田麻也”と呼ばれる若手社員までがお揃いのはっぴで勢ぞろい。

そして山本海苔店が集めた素材がまたスゴい。山本海苔店が集めたのは、神茂(1688年創業)のかまぼこ、にんべん(1699年創業)の鰹節、鮒佐(1862年創業)の佃煮、弁松総本店(1850年創業)の卵焼きの4素材。

これだけでもオトナは、「た、食べたい!」と思うのに、この具材をやさしく巻きつけるのが、山本海苔店の海苔。

山本専務による、海苔の歴史・技術のレクチャーのあと、「ではさっそく恵方巻きづくりを始めましょう!」。

海苔を一列に並べ、ご飯、鰹節、きゅうり、卵焼き、でんぶを並べていく。長さ6メートルの恵方巻きづくりで、作業は残すところあとひとつ。

みんなの気持ちをひとつにあわせて、「いち、に、さーん!」で巻きつける!

巻きが終わったら、みんなで拍手。子どもたちもホッとしたようすで、ニコニコ。 巻きすをはずしたら、こんどは包丁で食べたい長さにカット。山本海苔店の山本貴大専務も子どもたちの後ろに立って、包丁を手伝う。「あー、早く食べたい!」という思いをぐっとガマンして、切る、切る。

そして、待望の「いただきまーっす!」。

ことし2018年は丙(ひのえ)。恵方は南南東。南南東を向いて、ガブッ!

山本海苔店の恵方巻きは、ゴールドのサプライズ!

山本海苔店は、日本橋の老舗から集めた食材を、金箔焼海苔で巻くというサプライズも披露。「1枚数千円はする」という金箔焼海苔で仕上げた恵方巻きは、キラキラでピカピカ、ゴージャス。

子どもたちは自分たちが巻いた恵方巻きに夢中。このゴージャスな金箔焼海苔恵方巻きは、大人たちが「一度は試してみたい」と興味津々。

結局、大人も子どもも大興奮の、山本海苔店の恵方巻きづくりの時間。

神茂のかまぼこ、にんべんの鰹節、鮒佐の佃煮、弁松総本店の卵焼きを、山本海苔店の海苔で巻いた6メートルにおよぶ恵方巻きは、あっという間に親子の胃袋に消えた。食楽(しょくらく)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。