体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デザインが良さげな18:9スマホ「KOOLNEE K1 Trio」

中華フォンながらもフロント部分がほぼディスプレイで覆われたデザイン的にもなかなか良さげな Android スマートフォン「KOOLNEE K1 Trio」を中国の通販サイト Geekbuying で発見しました。KOOLNEE K1 Trio は 27,156 円と中華フォンの中では少し割高の機種となりますが、6GB RAM + 128GB ROM と大容量のメモリを搭載しており、リアカメラは 1,600 万画素 + 200 万画素のデュアル仕様、さらに指紋リーダーを搭載するなど、現代のハイスペックスマートフォンにおいて必要とされる要素は概ねカバーしています。ディスプレイは 6.01 インチ 2,160 x 1,080 ピクセルと今流行の 18:9 仕様で、プロセッサには MediaTek Helio P シリーズの最新版となる P23 MT6763 2.0GHz オクタコアを採用しています。バッテリーが 4,200mAh とかなり大きく長持ちしそうです。OS は Android 7.1 Nougat と古いバージョンですが、比較的新しいので実用性は十分でしょう。周波数の面では GSM、WCDMA B1/B5/B8 と LTE B1/B3/B7/B20 に対応しているようです。Source : GeekBuying

■関連記事
J:COM Mobile、機種変時の端末価格割引サービス「スマホ more プログラム」を2月15日に開始
ASUS、ZenFone 3 ZE552KLとZE520KLのAndroid 8.0アップデートを海外で開始
Qualcomm Snapdragon 450のベンチマーク結果を紹介

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。