体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『Ant-Man and the Wasp(原題)』、エヴァンジェリン・リリー演じるスーパーヒ―ローが登場する新トレーラーが公開

映画『Ant-Man and the Wasp(原題)』の羽根と武器を携えたエヴァンジェリン・リリー演じるスーパーヒーローが登場する新トレーラーが公開された。

トレーラーは、マーベルによる大作映画『ブラックパンサー』のワールドプレミアの翌日の1月30日(現地時間)に初公開された。

ポール・ラッド演じるスコット・ラングが、リリー演じるホープ・ヴァン・ダインに自分やキャプテン・アメリカ、アベンジャーズたちを助けることが出来たかと問うシーンで始まる。

ダインは、「今はなんとも言えない」と答え、「でも私がいたら捕まらなかったはず」と、続ける。

マイケル・ダグラス演じるヘンリー・ピムも、2016年の前作の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に続き再登場し、トリオが結成される。

『Ant-Man and the Wasp(原題)』では、人間や物を自由に縮小したり拡大できるパワーで、ハローキティのペッツ・キャンディーでさえ致命的な武器となる。

同作はペイトン・リードが監督を務め、ボビー・カナヴェイル、ジュディ・グリア、アビー・ライダー・フォートソン、ティップ・“T.I.”・ハリス、デヴィッド・ダストマルチャン、ウォルトン・ゴギンズ、ランドール・パーク、ローレンス・フィッシュバーン、ハナ・ジョン=カーメン、ミシェル・ファイファーが出演する。

ラッドは、サンダンス映画祭で本紙ヴァラエティに対して、伝説のファイファーやダグラスと共演できることに興奮していると語った。

マーベルは1月30日(現地時間)に、スーパーヒーローのポスターも公開した。



『Ant-Man and the Wasp(原題)』は、7月6日に米劇場公開する。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。