体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Uber、タクシーの次は電動アシスト自転車シェア! サンフランシスコで展開へ

配車アプリサービスのUberが新たな事業を展開する。電動アシスト自転車のシェアリングサービス「Uber bike」だ。

30分2ドル(約220円)というリーズナブル価格で、エコ意識の高い人のニーズや“ちょい乗り”需要を開拓していく。

実際の運営はスタートアップ「JUMP Bikes」によるもので、まずは米国サンフランシスコで自転車250台でパイロット事業を行い、経過をみて他都市でも展開していく方針だ。

・好きな場所に乗り捨て

自転車シェアリングそのものは、珍しくない。Uber bikeのポイントは、電動アシスト自転車を活用するので、乗り手が必死にペダルをこがなくてもラクに移動できることが挙げられる。

また、このシェアサービス、固定のドックを設けずに街中にある公共の自転車ラックを利用するのも特徴。つまり、利用者は自転車を好きな場所に“乗り捨て”できるのだ。

・解錠もアプリ利用

空き自転車の検索はUberのアプリからできる。地図に空き自転車がピン表示されるので、乗りたい自転車を選択すると開錠のためのナンバーが交付され、入力すると乗れるようになる。

電動なのでバッテリーを充電する必要があるが、それはJUMP Bikesのスタッフが定期的に行うとのこと。

確かに、目的地まで配車を頼むほどではないけれど歩くにはちょっと遠いという場合、自転車は有力な選択肢となる。しかも、タクシーよりずっと安い。

車も自転車も所有せずシェアで済ませる、という人が今後増えてくるのかもしれない。

Uber

JUMP Bikes

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。