体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野付半島のおすすめ観光スポット15選

野付半島のおすすめ観光スポット15選

野付半島とは、北海道野付郡別海町にある、全長26キロメートルの細長い半島です。

トドワラ、ナラワラといった、まるで日本の果てを思わせる荒涼とした風景が有名ですが、また可憐で美しい花々が咲き誇ることでも知られており、いまだ知られざる見所がたくさんあります。

そこで今回は、そんな野付半島へ旅行に行った際に訪れるべき観光スポット15選をご紹介します。

 

1.四角い太陽

kozueさん(@kotyu619)がシェアした投稿 – 12月 31, 2016 at 2:39午後 PST

太陽が四角い!?野付半島では、気温と海水温の温度差によって蜃気楼現象が起こり、丸いはずの太陽が四角に見えるという不思議な光景が見れます。

楕円形や台形に変形することもあり、きれいな四角に見れるのは稀なので、見れた人はかなりラッキー!
■詳細情報
・名称:四角い太陽
・住所:北海道野付郡別海町
・公式サイトURL:http://betsukai-kanko.jp/kanko-blog/2011/10/post-46.php

 

2.流氷

すまいるかむ smile~camさん(@smile.39cam)がシェアした投稿 – 1月 24, 2018 at 3:43午後 PST

流氷といえば知床岬が有名ですが、海流によっては、岬を越えて野付半島の方へも運ばれてきます。見れる時期は2月~3月上旬ころが目安で、ネイチャーセンターの外海側から鑑賞できます。
■詳細情報
・名称:流氷
・住所:北海道野付郡別海町

 

3.氷平線(ひょうへいせん)

一般社団法人摩周湖観光協会さん(@lake_mashu)がシェアした投稿 – 12月 16, 2017 at 5:06午前 PST

野付湾(内海)が一面凍った時にだけ見られる、氷平線。目に映る場所、全てが氷原と化した野付湾はまさに絶景です。

氷の上を歩くこともできますが、一部薄くなっている部分などがありますので、自己判断で歩かず、ガイドツアーに参加しましょう。
■詳細情報
・名称:氷平線(ひょうへいせん)
・住所:北海道野付郡別海町

 

4.野付湾クルージング

K.Iさん(@toranekom3)がシェアした投稿 – 1月 17, 2018 at 3:15午後 PST

野付半島の雄大な自然を肌で感じたいなら、クルージングに参加するのがおすすめです。

クルージングは、野付半島のトドワラをめぐる「トドワラコース」、潮干狩りスポットとしても人気のアラハマワンドへ向かう「潮干狩りコース」、外洋へ出て国後島の島影を望む「外海コース」の3つがあります。
■詳細情報
・名称:野付湾クルージング
・住所:野付郡別海町尾岱沼港町232
・公式サイトURL:http://www.aurens.or.jp/~kankousen/curiseplan.html

 

5.アザラシウォッチング

Kazuya Suzukiさん(@spectaclesuzuki)がシェアした投稿 – 1月 22, 2018 at 5:22午後 PST

野付湾には、夏から秋にかけてかわいいゴマフアザラシがやってきます!

8月のピーク時には、観光船から50頭ほど見ることができるそうなので、キュートなゴマフアザラシが見たい方はぜひクルージングコースに参加してみてください。
■詳細情報
・名称:アザラシウォッチング
・住所:野付郡別海町尾岱沼港町232
・公式サイトURL:http://betsukai-kanko.jp/taikenkanko/azarashicruising/

 

6.打瀬舟漁

GINJIROさん(@ginjilo)がシェアした投稿 – 7月 5, 2016 at 5:03午後 PDT

伝統的な漁法「打瀬網漁業」に用いられる打瀬舟(うたせぶね)。まるでヨットのような外観で、風の力を利用して底引き網を引いて漁をします。間近で見ると、非常に迫力がありますよ♪
■詳細情報
・名称:打瀬舟漁
・公式サイトURL:http://betsukai-kanko.jp/tokusanhin/shimaebi/hokkaisimaebi-question/

 

7.野付の千島桜

Mana_kosuさん(@mana_kosu)がシェアした投稿 – 5月 21, 2017 at 3:46午前 PDT

野付小学校敷地内には、推定樹齢100年以上にも及ぶ見事な千島桜があります。

基本的に千島桜は、低木であまり大きくならないのですが、それがこれほど大きく成長するのは非常に珍しいとのことです。
■詳細情報
・名称:野付の千島桜
・住所:北海道野付郡別海町尾岱沼潮見町217
・公式サイトURL:http://betsukai.jp/blog/0001/index.php?ID=1613

 

8.トドワラ

紫燕さん(@hc571)がシェアした投稿 – 9月 1, 2017 at 9:08午後 PDT

“トドワラ”とは“トドマツの原っぱ”が語源。北海道ではこの場所を「この世の果て」と呼んでおり、立ち枯れした木々に荒涼とした湿地が続いています。

侵食・風化でいつかはなくなってしまうかもしれないので、ぜひ訪れたいスポットです。
■詳細情報
・名称:トドワラ
・住所:北海道野付郡別海町野付63
・公式サイトURL:http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/kanko/nmrgsdb/3k-spot/3ks-todowara.htm

 

9.ナラワラ

Kao Sukeさん(@sukekao)がシェアした投稿 – 12月 16, 2017 at 4:30午後 PST

ナラワラとは、野付半島の中ほどに位置する、海水で浸食されて風化したミズナラなどの木々が、立ち枯れたまま林をつくっている場所です。

原始林オンニクル、ポンニクルも周囲から枯れてきていて、特に道路に面した枯れ木の多いところをトドワラに合わせて「ナラワラ」と呼んでいます。
■詳細情報
・名称:ナラワラ
・住所:北海道野付郡別海町野付63
・公式サイトURL:http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/kanko/nmrgsdb/3k-spot/3ks-narawara.htm

 

10.野付半島 原生花園

あたりめ(atarime)さん(@tubist00)がシェアした投稿 – 7月 23, 2014 at 3:22午後 PDT

ここは、島の東端、野付埼灯台を中心した竜神崎一帯に広がる花園です。

センダイハギ・エゾカンゾウ・ハマナス・ノハナショウブなど、5月下旬から10月までの期間は色鮮やかな花々が一面に咲き、自然探勝路を散策する人を楽しませてくれます。
■詳細情報
・名称:野付半島 原生花園
・住所:北海道野付郡別海町野付63
・公式サイトURL:http://betsukai-kanko.jp/taiken/flower/

関連記事リンク(外部サイト)

北海道できれいな夜景を楽しめるスポット26選
フィリピン人さえ近づかないシキホール島で、魔女に「黒魔術」をかけられた話
旭川のオススメ観光スポット59選
キャンプができる日本の無人島10選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。