体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Qualcomm Snapdragon 450のベンチマーク結果を紹介

Xiaomi Redmi 5 から導入が始まった Qualcommm Snapdragon 400 シリーズの最新モデル「Snapdragon 450」のベンチマーク結果をご紹介します。Snapdragon 450 は 1.8GHz 駆動の Cortex-A53 オクタコア CPU や Adreno 506 GPU、X9 LTE モデムを搭載したエントリーモデル向けの SoC です。前任となるのは Snapdragon 435 で、この SoC と比較すると、Snapdragon 450 では CPU の動作クロックが向上し、GPU はグレードが上がりました。それ故、処理性能やグラフィック性能が向上しています。今回テストで使用したモデルは Redmi 5 の中国モデルで、RAM は 3GB、ROM は 32GB を搭載しています。比較のために Snapdragon 625 を搭載した Redmi 4 のスコアも併せて紹介します。Redmi 5 のトータルスコアは Antutu v7.0.4 の場合 70,165 点でした。Snapdragon 625 を搭載した Redmi 4 のトータルスコアは 75,613 点なのでスコア的には近い実力を持つことになります。Antutu テストを項目別に見ていくと(括弧内は Redmi 4 のスコア)、CPU が 34,631 点(39,091 点)、GPU が 12,050 点(12,455 点)、UX が 18,480 点(18,836 点)、メモリが 5,004 点(5,231 点)でした。CPU 以外はほぼ互角と言える結果でした。

■関連記事
定番のベンチマークアプリ「Antutu」がv7.0にバージョンアップ
Essential PhoneはAndroid 8.0を飛ばしてAndroid 8.1にアップデートされる予定
中国トップのOPPOが国内市場に参入、2月9日に「OPPO R11s」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。