体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅するように自由に、富山市ガラス美術館で「日常からの旅」をテーマにコレクション展が開催中

toyama-collection-2017-2_001 上島あい子 《Jazzyな時》 2007年、富山市ガラス美術館、撮影:室澤敏晴

50年代以降の現代ガラス作品を展示

2018年6月3日(日) まで、富山県富山市の「富山市ガラス美術館」にて「コレクション展2017-Ⅱ 日常からの旅」展が開催されています。

富山市ガラス美術館は、1950年代以降に制作されたガラス作品を主に所蔵。今回は所蔵作品から音楽や自然の風景をモチーフとした作品を中心に展示しています。

日常を離れて旅に出たとき、新たな気づきや出会いに気付くもの。そんな旅のように自由に広がりを見せる作品群は、私たちに新鮮な視点を与えてくれるはずです。

様々な形と質感を見せてくれるガラス作品に触れて、その魅力を存分に堪能してみてください。

toyama-collection-2017-2_002 大平洋一(左) 《モザイク・ガラス「輪」》 1996年、(右)《モザイク小ガラス瓶「謝肉祭のマント」》 1996年、富山市ガラス美術館所蔵、撮影:末正真礼生 toyama-collection-2017-2_003 コリン・リード《無題 #R1384》 2007年、富山市ガラス美術館、撮影:斎城卓

富山市ガラス美術館 コレクション展2017-Ⅱ 日常からの旅

会期:2017年12月8日(金)~2018年6月3日(日) 9:30~18:00(金土~20:00)

※第1・第3水曜(3月21日は開場、翌22日(木)は閉場)

会場:富山市ガラス美術館/富山県富山市西町5-1

観覧料:一般大学生200円、高校生以下無料

▽関連プログラム 学芸員によるギャラリートーク

日時:2018年2月24日(土)、3月10日(土) 14:00~

会場:富山市ガラス美術館 展示室4

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

奈良、三重、滋賀のモノづくりが集合! 新しい定番を目指す「TEIBAN展」が開催
“言い値制度”を採用したユニークなアウトレット「売り切れ御免!雑貨市」開催
生活骨董と無垢の家具、平山用品店で「新しいものと古いもの」展開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。