体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暗視カメラにもなる赤外線付き小型トイカメラ

暗視カメラにもなる赤外線付き小型トイカメラ

タテ4cmでヨコ2cmほどの小型サイズながら、暗視カメラになる赤外線モードを搭載しているトイカメラを紹介しましょう。しかも暗視カメラの切り替えが専用アプリから行えるというスグレモノ。さっそく監視カメラにもなるトイカメラの詳細を見ていきましょう。

暗視カメラとして夜間の監視撮影

わずか4cmほどの小さなトイデジタルカメラながら、本格的な赤外線機能を搭載しているのが「A-360」。暗視カメラとして夜間の監視撮影が行えるのが特徴です。

暗視カメラにもなるA-360は、動画解像度が640×480ドット(10fps)、保存形式はAVI、記録メディアはmicroSDカード(最大32Gバイト)となっています。

小型トイカメラだけあって、サイズは22W×42H×18Dmmで重さは18g。実勢価格は15,800円になります。専用の無料アプリは「doyog」です。

暗視カメラとして使用する方法

ストップホルダーが付属するので、ドアにも容易に設置可能。マンションの共用廊下の監視や、カメラ付きインターホン代わりに来訪者をチェックするなど多用に使えるでしょう。

ネットワークの接続方法は専用アプリの「Moniter Setting」→「Monitor WIFI」をタップ。SSIDを選択してパスワードを入れれば接続できます。

実際に暗視カメラとして使用する方法は、アプリ右下のマークをタップするだけ。赤外線モードになって真っ暗な場所でも撮影できるようになります。

関連記事リンク(外部サイト)

赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。