体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人初のグラミー賞、誰が受賞したか知ってる?

日本人初のグラミー賞、誰が受賞したか知ってる?
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。1月31日(水)は、Licaxxxとのコンビでお送りしました。

ここでは、注目の新譜・いま聴くべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりのトピックスを月曜から木曜までの4日間かけて掘り下げていく「FEATURE TOPICS」のコーナーを紹介します。この週はアーティストではなく、話題の「グラミー賞」ピックアップしました!

先日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで「第60回グラミー賞授賞式」が開催されました。ニューヨークで行われたのは15年ぶりだったそう。ブルーノ・マーズが主要3部門を含む、ノミネートされた6部門を全て受賞するという“ブルーノ・マーズ旋風”が巻き起りました。

この日のオンエアでは、「日本人とグラミー賞」にフォーカス。

今回で60回を数えるグラミー賞ですが、この歴史の中で受賞した日本人は11人だそう。

1987年の第29回グラミー賞では、マイルス・デイヴィスのアルバム「TUTU」のアルバムアートを手掛けた石岡瑛子さんがパッケージに関する賞を、1989年の第31回では、映画「ラストエンペラー」のサウンドトラックで坂本龍一さんが「ベスト・アルバム・オヴ・オリジナル・インストゥルメンタル・バックグラウンド・スコア賞」を受賞。

他にも、2001年の第43回は喜多郎さんが「ベスト・ニュー・エージ・アルバム賞」を、2011年の第53回はB’zのギタリスト・松本孝弘さんが「ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞」を受賞しているほか、ジャズピアニストの上原ひろみさんや、指揮者の小澤征爾さんも受賞しています。

また、最初に日本人でグラミー賞を受賞したのは、オノ・ヨーコさん!

作品は1981年に夫のジョン・レノンさんと共作したアルバム「ダブル・ファンタジー」。このリリースから1カ月も経たないうちに、ジョン・レノンさんがファンに殺害されるという悲劇に見舞われました。期せずして彼の遺作となってしまった「ダブル・ファンタジー」が、その年のグラミー賞で主要部門の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています(ちなみにオノさんは現在はアメリカ国籍を取得されています)。

これから、どんな日本人アーティストがグラミー賞を受賞するのか。次回以降も期待ですね!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。