体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かわいい「アイスの実」ハイボール 銀座で期間限定提供

かわいい「アイスの実」ハイボール 銀座で期間限定提供

 一口サイズでコロコロしたキャンディのような見た目と、フルーツ感たっぷりの味でファンの多い、グリコの「アイスの実」。ただ食べるだけでなく、冷たい飲みものに入れるとグラスの中がカラフルになって楽しいですよね。今、東京は銀座のお店で「アイスの実」を使ったハイボールが期間限定で提供されているというので、取材に行ってきました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 やってきたのは東京、銀座の並木通り沿いにある「BAR DEL SOLE 銀座2Due」。イタリアのオステリアやトラットリアをイメージした、おしゃれなお店です。外にはテラス席もあって、店名(SOLEはイタリア語で太陽の意)にもあるように太陽の下で食事やお酒を楽しむことができます。

 さて、注目のアイスの実を使ったハイボール「アイスの実 de ハイボール」(税別450円)を注文。ハイボールというとロンググラスのイメージですが、アイスの実がきれいに見えるように、ステムグラスで提供されます。グラスに氷とアイスの実を入れ、ウイスキーを。そして炭酸水を静かに加えて完成。


 グラスの中にアイスの実がふわりと浮かんでいるように見え、なんだか素敵です。スプーンのほか、アイスの実がさらに2つついてきますが、お店の方によると「そのままお召し上がりになっても結構ですが、お好みで追加し、味の変化を楽しんでください」とのこと。

 飲んでみると、一口目はハイボールそのものという感じですが、徐々にアイスの実が溶けてくるに従ってアイスに含まれた果汁が加わり、一気にフルーティーな味わいに。スプーンでつぶして混ぜると、よりフルーツの香り漂うハイボールへと変身します。一杯の中で様々な味の変化が楽しめて面白いですね。別に盛られたアイスの実を追加すると、さらに果実味が増します。

 「アイスの実 de ハイボール」は、<濃いぶどう>と<濃いもも>の2種類。見た目の楽しさはもちろん、アイスを溶かすとフルーツカクテルのような味わいへと変化するので、非常にユニークな存在です。ちょっとクセになりそう。2月1日から2月28日までの限定メニューなので、楽しみたい方はお早めに。

 ◆BAR DEL SOLE 銀座2Due
 住所:東京都中央区銀座2-4-6 銀座Velbia館 1F
 営業時間:【平日】11:00〜24:00(フードL.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
      【土曜】10:00〜24:00(フードL.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
      【日・祝】10:00〜24:00(L.O.23:00)

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

「とくに用事は無いけど」で始まる長電話 期待していい?バレンタイン恒例『ラブレターコンテスト』
『贈る言葉』は失恋ソング!?海援隊ライブも行われた『赤いきつね』の受験生応援イベント
桃屋『のり平アニメ』CM誕生60年!デジタル復刻したCM放送・展示会も

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。