体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英単語を早く覚えるための9つのコツ

英単語を早く覚えるための9つのコツ

英単語を早く覚える方法は、英語を学ぶ誰しもが知りたいと思っているのではないでしょうか?どんなに文章力があっても、単語がわからなければ語学のスキルアップにはほど遠くなってしまいます。 語学は新しい世界への扉を開き、楽しく、達成感のある学習であるということを覚えておいてください。

しかし、知っている単語の数が増えることはダイエットのようなものです。そこに力を注ぎ、魔法のような仕掛けや秘密などなく、できる限りの方法で目標へ近づいていけなければなりません。

全ての人が、どのやり方が合っているか知る必要があります。我慢をしながら、現実的な目標を定め、そこに達成した時の自分へのご褒美を用意することはより効果的に語学を習得する良い方法でしょう。

 

1.記憶のテクニックを活用しよう

英単語の記憶力をあげる上でもっとも使われる方法として、複雑な概念や言語を覚えることに役立つ知的ショートカットともいえる記憶術が使われます。例えば、言葉と言葉を関連付けるのがよいでしょう。もし、適応する言葉のスペルがわからない場合、2つのベッドに2つのマットレスが必要と覚えてください。

または頭字語がわかれば、例えば、when you need to go to the STORE to buy Spaghetti, Tomatoes, Olives, Rice, Eggsのような文章です。もちろん、問題は頭字語、歌または関連性を頭に入れて置かないといけないということです。

しかし、少しの練習で創造的で使いやすい連結が浮かんでくるでしょう。そして、頭字語または関連性について長く考えれば考えるほど、それに付随する言葉を覚えられるはずです。

 

2.学習環境を整える

海外留学をすればどこへ行ってもその国の言語を聞き、読むことになり、その外国語漬けの経験は素早い言語習得につながるでしょう。しかし、海外留学しなくても徐々に単語力を上げることは可能です。

雑誌や本を購入したり、映画を観たり、その国の料理をしてみたり(もちろん食べたり)、どこにいても楽しく学び、やる気を起こす環境は見つけられるはずです。

 

3. 文脈に重点をおいて英単語を使う

よりスピーディに単語力をあげるには、文脈に単語を持ってこれるようになることが重要です。ランダムに単語を書落とすのではなく、文脈を考えて単語を書き出してみましょう。この方法こそまさに私生活で活用する単語の使い方なのです。

さらに言うと、もし面白い文章を思い浮かんだら、きっとそこに出てくる単語は忘れることなく頭に記憶されるでしょう。学び方によっては、文章を補い、あるべき場所に単語置けるような画像を見つけたり、絵を描くのもよいです。

 

4.普段の生活から学ぼう

映画、テレビ、本、ポッドキャスト、歌などで使われる文章は日常で使えるというだけでなく、シーン、人、イベント(私生活)と関連付いているので語彙の強化に役立ちます。そのため、その国の言語の本を読んだり、(字幕付きで)映画を観たりして、その言葉の意味を確認しましょう。

もし、わからない単語や文章があれば、それを書き留め、見て記憶するのがよいです。

 

5.次のステップへ行こう

もし、次のレベルへのステップアップを望んでいるのなら、関連する言葉、同義語、対義語のマインドマップのために十分な記憶スペースを残しておいてください。学習プロセスを最大限に活かしたいのなら、自身の母国語に変換せず、伝えたいことを学んでいる言語でそのまま説明してみましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

使いやすい英語の副詞50選!副詞を活用して表現の幅を広げよう
英語を英語のまま読むために効果的な11の勉強法
英語学習におすすめの海外TVドラマ10選
海外では絶対通じない和製英語40選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy