体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

業界最大級の風量&ハイパワー『プロテクトイオンドライヤー』3月1日発売!コスパが良すぎて手放せない!

テスコムは美容室シェアNo.1の技術を活かし、業界最大級の風量&ハイパワーの『プロテクトイオンドライヤー』を開発! 実際に使ってみると、あまりにコスパが良すぎたのでご紹介したい。

 

ヘアードライヤーの老舗テスコムの新作は風量&イオンの高コスパモデル!

株式会社テスコム(東京都品川区)は、創業から50年以上ヘアードライヤーを開発してきた老舗企業。美容室シェアNo.1のその技術は、髪のプロから美にこだわる女性まで多くの人々の暮らしに浸透している。

 

そんなテスコムの技術を凝縮し誕生した『プロテクトイオンドライヤー』(参考価格 税抜7,980円・2018年3月1日発売)は、忙しい女性たちの「髪をきれいに早く乾かしたい」という理想が詰まった新モデル!(参考価格は編集部調べ)業界最大級の風量&ハイパワー(1300w)なのに静電気を抑制する「プロテクトイオン」を搭載したドライヤーだ。

参考価格 税抜7,980円※編集部調べ・2018年3月1日発売

多くの女性が使用している通称マイナスイオンドライヤーは、「負の電荷を帯びた微粒子水」(マイナスイオン)を風と共に髪に与えることで髪の内部や地肌の中に入り込んで潤いを与える(もしくは乾燥を防ぐ)とされている。が、実際のところその効果がいかほどなのかは、専門家の間でも意見が分かれるところ。私たちユーザーとしては「データよりも自分の髪で効果を実感できればそれでいい」と思う部分もある。

『プロテクトイオンドライヤー』は、プラスイオンとマイナスイオンを同時に放出することでそれぞれのイオンが髪に働き、髪の広がり・傷みを抑えるという。静電気が発生するとキューティクルが開きやすくなり、枝毛や切れ毛、パサつきの原因にもなってしまうから、イオン放出によってキューティクルの開きを抑制できるというのは嬉しい。

どれくらい効果が実感できるか、『プロテクトイオンドライヤー』を実際に使ってみてその使い勝手も含めて魅力を確かめてみよう。

 

台風レベル!?業界最大級の風量&ハイパワーに感動!

テスコム『プロテクトイオンドライヤー』は、高さ23.3cm×幅25.7cm×奥行9.4cmで、一般的なマイナスイオンドライヤーのサイズ。本体は670gで、これもまた一般的な重さの範囲内だと思う。業界最大級の風量&ハイパワーという特徴からすると、もっと大きく重いと想像していたので「意外に手頃なサイズだな」と感じた。

しかもユーザーのことを考えた「思いやり設計」を採用。レバーを押すだけでさっとコンセントから引き抜ける「ラク抜きプラグ」は、片づけが簡単で、無理やりコードを引っ張る必要がない。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。