体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察官の制服「冬服・合服・夏服」使用期間は?

警察官の制服「冬服・合服・夏服」使用期間は?

「警察官の端正さ及び品位の保持に資するもの」とされている、日本警察官の制服。1994年(平成6年)に600億円をかけて男女の制服を一新しました。権威的で近づきがたい雰囲気を避けるため、警棒を見えにくくしたり、国民に親しまれやすいデザインに変更。その制服は23年経った現在にも受け継がれています。

警察官の制服は3種類が用意される

警察官の制服は、冬服・合服・夏服の3種類が用意されており、使用期間は冬服が12月1日~3月31日、夏服は6月1日~9月30日。その間は合服を着用するのが基本です。帽子は制帽以外にキャップ式の活動帽も支給されますが、略装なので日常外勤以外の着用は禁じられることがあります。

冬服は上衣が濃紺3つボタンの長袖で、中は白いワイシャツとネクタイを着用。素材はポリエステルの混紡となっていて、上下とも裏地が付いているものの防寒性は低く、真冬の外勤では厚手のコートを着る警察官が多く見られます。

合服は冬服と似ていますが、ウエストが絞られているスリムなフォルムが特徴。素材には麻が混じっているため、冬服とは色合いが若干異なります。

女性警察官の制服はスカートが正装

夏服は上衣がなく、ワイシャツに藍色のズボンというスタイルです。ワイシャツには水色と白があってノーネクタイ。ただ、防刃ベストの着用が義務付けられていることが多く、シャツ1枚といっても全く涼しくないようです。

警察官の制服は帽子も季節に合わせた3種類が用意され、冬帽子は厚手で通気性が悪く、夏帽子はメッシュになっているものもあります。

女性警察官の制服は、冬服と合服は男性と同じく3つボタンの上衣です。ボトムスは、スカート・キュロットスカート・スラックスから選べて、動きやすいスラックスが人気。正装はスカートとなります。

夏服は、白もしくは水色のブラウスに藍色のベストを着用。また、男性と違って丸いフォルムが印象的な制帽ですが、帯章が付いたのは2007年からです。(文/歯黒猛夫)

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。