体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スキーブーツの底に取り付けるだけで歩きやすくなる「Zuke」が便利そう!

ウィンタースポーツのシーズン真っただ中。シュプールを描いて楽しんでいる読者もいるだろう。

今回はそんなスキーヤーに、お役立ちグッズを紹介しよう。スキーブーツの底に取り付けるだけで、歩きやすさが向上する「Zuke」。ロボットのような歩行におさらばできる。

・底面がカーブ状に

スキーブーツはとにかく硬い。足をスキー板に固定するという役割を担っているのだから当然だが、滑っているときはいいとして、板を外して歩くとなるとなかなか難儀する。

そこで、イギリスのスキー愛好家が開発したのが、ブーツの底に取り付けるアタッチメントのZuke。装着しても普通に板をつけて滑ることができ、板を外したときにZukeのパーツをスライドさせるだけで“歩きモード”になる。

どういう仕組みかというと、Zukeを装着することでブーツの底面がカーブ状になるのだ。これにより自然な歩行が可能となり、小走りもできそう。

・手袋でも簡単に操作

Zukeはブーツのサイズに合わせてスクリュードライバーなどを使って固定する必要があるが、それさえしてしまえば、あとはもう手間がかかることはない。

スキー板を外したときにパーツをスライドさせるだけ。もちろん、寒さでパーツが固まってしまうことはなく、スライドさせるためのレバー操作も手袋をはめたままできる。

開発元によると、Zukeはブーツの底と板の間に13ミリ以上の空間が確保できるタイプならどのメーカーのものでも使用可能とのこと。サイズ23〜30センチに対応する。

Zukeは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中。出資額は40英ポンド(約6100円)〜となっている。出資は2月25日まで受け付け、調達に成功した場合は来シーズンに間に合うよう2018年11月に発送される見込みだ。

Zuke/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。