体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミシュランも認める「按田餃子」は、女子力から生まれた

ミシュランも認める「按田餃子」は、女子力から生まれた
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。1月30日(火)のオンエアでは、代々木上原の人気餃子店「按田餃子」のオーナーで料理家の按田優子さんをお迎えしました。

同店は、2016年から3年連続でミシュランの“リーズナブルで美味しいお店”ビブグルマンに認定されている人気店ですが、按田さんはお店のオーナーをするかたわら、料理家として数多くの料理本の著書でも知られています。

按田さんの最新著書『たすかる料理』の帯には「自炊はわがままでいい。台所にしばられず、自分らしく食べて、生きるには?」というメッセージが書かれています。これから自活をする人、手元を離れる子供がいるお母さんなどに向けた本だそう。

按田さんに、飲食店を開くときになぜ餃子を選んだのか聞くと、「私が餃子店をやりたかったわけでなく、共同経営者の写真家・鈴木陽介のアイディアなんです。焼き餃子じゃなくて水餃子にしたら店内が油っぽくならないから、女の子にデートの前とかに小腹を満たすために来てほしいなって、鈴木が(笑)。女子力が高い人なんです」と明かしました。

お店では餃子のほか、世界各国の料理を参考にしたメニューもあります。按田さんに、印象的だった外国料理を聞いてみると……。

「ペルーに訪れたときに見たチチャロン・デ・チャンチョという南米版チャーシューです。豚肉をお水で最初は茹でていくんですが、段々水が無くなって、豚から出てきた脂で自分自身が揚げられて、凄く柔らかい状態になります。その脇で、焼き芋を焼くことも。調理器具はフライパンや大きな土釜、日本に来ている南米の人は炊飯器で作っていました」

途中までは茹で豚と同じ工程の料理ですが、水から作るため焦げないのだそう。1時間ほどかかるので、その間は他の用事ができるという、忙しい人におすすめのメニューです。献立に迷っている人は、作ってみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。