体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“Honda NSX”の世界観を精巧に表したウオッチが登場!

「セイコーウオッチ」から、GPS ソーラーウオッチ<セイコー アストロン>のハイグレードシリーズとなるエグゼクティブラインから、“Honda NSX”の世界観とコラボレートした先進のGPS ソーラー クロノグラフ「<セイコー アストロン> Honda NSX 限定モデル」が1000本限定で、3月9日(金)より全国で発売される。価格は30万円(税抜)。

<セイコー アストロン>は、1969年にセイコーが世界に先駆けて発売したクオーツウォッチ「クオーツアストロン」から名を受けついでいる。高い時間精度で世界の人々のライフスタイルを一変させた“クオーツ革命”に次ぐ時計史の“第二の革命”を起こすべく、2012年9月に誕生した世界発のGPSソーラーウオッチだ。

今回発売される新商品は、サファイアガラス製のベゼルリングと、シャープな面で構成されたケースとブレスレットデザインによる品格ある存在感が特長のエグゼクティブラインから、走りの喜びをかつてない領域へと拡げる“Honda NSX”の世界観とコラボレートしたスペシャルな限定モデルである。

デザインポイントを挙げよう。

ダイヤルは、NSXのフロントグリルをモチーフにしたハニカム柄の立体成型で、その上にはインストルメントパネルと同じアラビア書体を採用したアワーマークがレイアウトされている。

優れたエアロダイナミクス性能を発揮する独創的なNSXのボディフォルムをイメージしたケースは、限定モデルならではの立体的な造形美を放っている。

特殊な3次元加工を施した専用鍛造アルミホイールをモチーフにした立体的な裏ぶたのデザインは、NSXのロゴに「Limited Edition」の文字とシリアルナンバーが刻印されている。

都市コードの表記は特別仕様となっており、ベゼルの10時位置側面(UTC-5)にはNSXの生産拠点であるアメリカ・オハイオ州メアリズビルにあるPMC(Performance Manufacturing Center)にちなんで、メアリズビルを含むコロンバス都市圏のポート・コロンバス国際空港の空港コード(CMH)を刻印している。

レザーストラップは、「Black and Red」のコンビネーションカラーを使用。

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy