体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ANAエコノミー クラス【機内食ルポ】羽田〜シカゴ間の機内食が豪華だった

ANAエコノミー クラス【機内食ルポ】羽田〜シカゴ間の機内食が豪華だった

【ANA国際線エコノミー クラス】羽田〜シカゴ間の機内食が豪華だった
(C) Director Mise

正直なところ、あまり期待していない機内食。「おお、これは!」と思うような機内食に巡り合ったことがないためもあります。ところが、北米行きANAのエコノミーの機内食がイケていました。みなさまと情報をシェアしたいと思います。

シカゴ行きのディナーのメニュー(エコノミークラス)

【ANA国際線エコノミー クラス】羽田〜シカゴ間の機内食が豪華だった
(C) Producer Hiroe

羽田発〜シカゴ行きのフライト。メニューを眺めると、メニューAは「海の幸丼」。蟹に帆立、鮭までのって美味しそう。カロリー表示までされています。トータルで689キロカロリー。なかなかヘルシーですね。

【ANA国際線エコノミー クラス】羽田〜シカゴ間の機内食が豪華だった
(C) Producer Hiroe

メニューBは、「ANAオリジナルチキンカレー」。食欲がない時でも、カレーなら食べられるという人が多いのではないでしょうか。2017年12月~2018年2月まで、Bは「ANAオリジナルチキンカレー」で固定なので人気メニューかもしれませんね。

カレーはカロリーが高めで、909キロカロリー。それでも大人の1日の必要摂取カロリー(オフィスワーカー30-40代)が、1,800 〜 2,300キロカロリーと言われていますので、2食提供される機内食ではちょうど良いのではないでしょうか。

2018年1月のメニュー(羽田発〜シカゴ行きのフライト)
【ANA国際線エコノミー クラス】羽田〜シカゴ間の機内食が豪華だった
(C) ANA

メニュー構成は月代わりで、機内食とドリンクは事前に確認できます。
>>>国際線サービス 機内食/ドリンク メニュー|ANA

ドリンクメニューは、ジュースやソーダ類のほか、ワイン、ビール。日本酒の提供(「一ノ蔵特別純米酒辛口」)が開始されています。こちらも試してみたいですね。「香るかぼす(蜂蜜入り)」や「茅の舎野菜だしスープ」なども気になります。

2017年12月~2018年2月のメニューは、A.海の幸丼、B.ANAオリジナルチキンカレー。メニューを見る限り、ちょっと期待できる気がしますね。

「ANAオリジナルチキンカレー」をチョイス
【ANA国際線エコノミー クラス】羽田〜シカゴ間の機内食が豪華だった
(C) Producer Hiroe

メニューと同じ様子で出てきました(当たり前?)。さすが日系、機内食好きの日本人の心をつかむビジュアルです。

写真左から右回りに

●ソフトカンパーニュ(パン)/バター
●ペンネサラダ(ポークロースハム/オクラ添え)
●中巻き(太巻き?)/枝豆/パンプキンサラダ
●ミックスリーフサラダ(和風ドレッシング)
●夕張メロンラングドシャ
●クラッカーとクリームチーズ

色とりどりで機内食とは思えませんね。サラダが葉っぱだけではなく、コーンや人参、トマトが入った「きちんとしたサラダ」なのも嬉しいです。カレーにも野菜のトッピング。心遣いを感じますね。

個人的に心惹かれたのは、小物の充実ぶり。Kiriのクリームチーズにクラッカー、枝豆などは、ビールやワインのつまみになりますし、ちょこちょこ色々なものが入っているのに、女性は弱いのです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。