体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人類にとって、偉大なる「食卓」

人類にとって、偉大なる「食卓」

ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。

That’s one small step for a man, one giant leap for mankind.

1969年、人類史上初めての月面着陸を成功させた、アポロ11号船長ニール・アームストロングのあまりにも有名なこの言葉。

そんな彼の言葉と遠い宇宙に思いを馳せながら朝食が食べられる、こんなテーブルはいかが?

Man on the Moon
on the Table

人類にとって、偉大なる「食卓」 「APOLLO 11 Table」その名の通り、アポロ11号を模したデザインが特徴。NASAアーカイブスの画像データを元に、盤面には月面の様子をクレーターの凹凸まで完全に再現しています。人類にとって、偉大なる「食卓」人類にとって、偉大なる「食卓」

地球を離れ、38万数千キロの彼方に浮かぶ月、その表面やクレーターをこんなに近くで目にする機会はそうないでしょう。でも、このAPOLLO 11 Tableにコアなファンが痺れさせられるのは、忠実に再現された月の表面だけではありません。

こだわりは
着陸脚そっくりの脚

人類にとって、偉大なる「食卓」人類にとって、偉大なる「食卓」 わかる人にしかわからないのが残念。テーブルの脚も実機の着陸脚をイメージしたものだとか。人類にとって、偉大なる「食卓」

宇宙の神秘に思いを馳せたり、SF小説を読んでみたり、月面でコーヒーブレイクなんかもいい。いくら部屋が小さくたって、月面で朝食をしているって想像しただけでも、どんなにか心が豊かになるだろう。Licensed material used with permission by HAROW

関連記事リンク(外部サイト)

あの有名な写真が撮影されたのは「偶然」だった。
月面着陸から48年、NASAの管制室を完全復元するプロジェクト
いつでも熱々のゴハンと冷えたビールが楽しめる!「スマートテーブル」がすごい

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。