体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おトクで便利な新生活! 部屋選びが広がるスクーターライフ3つのメリット[PR]

部屋をお探しのみなさん! すてきな物件を見つけたけど、駅からちょっと遠いから、やっぱりやめておこうかなぁ……なんて経験はないだろうか?

しかし、ちょっと待って。必ずしも駅近物件がベストな選択とは限らないのだ。ライフステージが変わるタイミングで新しい移動手段=スクーター利用を前提にすれば、物件の選び方、暮らしぶりも大きく変わる可能性があるぞ!
スクーター利用を前提にすれば物件選びも大きく変わる!

スクーター利用を前提にすれば物件選びも大きく変わる!メリット① 駅から離れた安めの物件も候補に。部屋探しの幅が広がる

不動産物件では一般的に、駅から近い方がいいと思われがちだが、本当にそうだろうか?

徒歩5分圏内をちょっと外れただけで、平均家賃はグーンとダウンする。スクーターがあれば駅徒歩10分以上の物件だってラクラク選択肢に入っちゃう! スクーターの維持費(燃料代や自賠責保険代など)をトータルで考えてもリーズナブル。同じ予算なら、郊外のちょっと広めでオシャレな部屋だって候補になるかも。関東の人気の街 家賃相場比較関東の人気の街 家賃相場比較

関東の人気の街 家賃相場比較関西の人気の街 家賃相場比較

関西の人気の街 家賃相場比較

関西の人気の街 家賃相場比較
駅から徒歩5分圏内(約400m)にある物件と、スクーターで5分圏内(1.6~2km程度)にある物件の家賃相場を、関東と関西でそれぞれ比べてみた(CHINTAIネット調べ|検索条件=ワンルーム+1K|2018年1月現在)。

地域によって金額のばらつきはあるが、スクーター利用を前提にすれば、同じ移動時間なのに家賃が安い部屋に住めるぞ。メリット② 早くて楽ちん。行動範囲が広がる

スクーターがあればどこにだって行けちゃう!というのは、ちょっと大袈裟かもしれないが、徒歩や自転車よりも行動範囲がだんぜん広がるのは間違いない。

お気に入りの街を探索したり、ちょっと遠くのフィールドまで足を伸ばしたり。サンダルを履いて出掛ける感覚で、思い立ったらすぐ行動できる気軽さがスクーターの良いところなのだ。

また、移動時間も少なくて済むので時間を有効に使うことが可能に。ちょっとカフェに寄ったり、郊外へ趣味を楽しみにいったり……なんてことも手軽にできちゃう!
お気に入りの店が家や駅から少し離れていても、スクーターがあれば気軽に行けちゃう

お気に入りの店が家や駅から少し離れていても、スクーターがあれば気軽に行けちゃう
週末、郊外のグラウンドに出掛けたりするのもスピーディー

週末、郊外のグラウンドに出掛けたりするのもスピーディーメリット③ 通勤・通学にオススメ。公共交通機関よりも断然安い

スクーターはとっても低燃費。通勤・通学といった毎日の移動でも、公共交通機関を利用するよりも短時間かつ、リーズナブルなことが多い。夜間の移動だって徒歩より安心。電車やバスの時間を気にしなくて良いのもうれしいポイントだ。

また、スクーターはとってもエコノミー。たとえばジョルノの燃費はリッターあたり56.4km(WMTCモード値)だから、毎日10km乗っても、ガソリン代はかなり多めに見積もって月額1,000円程度に収まるはず。公共交通機関で毎月約5,000円を使っている人は、スクーターなら4,000円ほど節約できる計算だ。
スクーターなら通勤・通学の満員電車のストレスとも無縁

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy